沖縄の、恩納村の、前兼久の、景観を変えてしまったホテルモントレ沖縄

恩納村ムーンビーチの海に立ちはだかる、白い巨大な壁 それはホテルモントレ沖縄です。 第141回沖縄訪問(6)

ムーンビーチ沖の海は視野欠損のように、右側がホテルモントレ沖縄の高い建物で、見えなくなりました。

一人暮らしの朝は、起きたときから、自分の事は自分でしないといけません。まずは朝ご飯作りです。

毎日、これがないと物足りないのが、お味噌汁です。お豆腐、わかめ、もやしを入れた味噌汁です。

ご飯は、おかゆを作ってみました。

ムーンビーチ沖を見てみると、ホテルモントレ沖縄の工事は、かなり進んでいます。

晴れた日に見ると、巨大な白い壁のようで、もう海は見えません。この景観は、海が見える事が売り物でしたが、ホテルモントレ沖縄の為に、大勢のお家から海が見えなくなりました。

いくら合法的とは言え、他人の眺望を見る権利を侵害しています。

テレビのニュースでは、名護の辺野古を埋め立てるニュースが流れています。

ムーンビーチホテルでは、沖縄全島から集まる陶器を販売する、やちむん市が行われています。やちむん市に行ってみることにします。

ムーンビーチホテルの駐車場はいっぱいです。一番端の方にしか空きはありません。今日のお天気は快晴です。

駐車場からは、ホテルモントレ沖縄の工事の様子が一層よく見えます。すぐ近くで、結婚式をあげる為の教会のような設備が進んでいます。

これまで、ひそかなプライベートビーチのような存在だったビーチが、今ではすっかり有名になり、今日も何人もの観光客が来ています。

このビーチにも、ホテルモントレ沖縄の施設が隣接しています。タイガービーチからムーンビーチまで届く広い敷地です。

25年前に、小学生の息子をこの海に連れて来て、泳ぎを教えた事を思い出します。

ホテルモントレ沖縄の工事の進み方を見ると、海岸線に接してる敷地が多く、まるでプライベートビーチのような使い方です。

沖縄の海岸線を開発から守っていたアダンの木も、ブルドーザーでもぎ取られ、海岸線は裸にさらされてしまいます。

これでは、アダンの林に生息していた、ヤドカリ、ヤシガニなどの小動物は住処がなくなります。

2013年3月22日(金)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です