売ってはダメです。買ってもダメです。ヤシガニは絶滅危惧種です。

ヤシガニは絶滅危惧種なのに、市場で売られていました。 宮古島ツアー 第140回沖縄訪問(24)

沖縄訪問が初期の頃、これといって知り合いもいなくて、行く当ても無い時、那覇の国際通りと牧志市場は、よく行った場所です。

牧志の公設市場は、沖縄にしか見られない物産を売っています。

さらに2階には食道があり、1階の店で買った食材を2階の飲食店に持ち込めば、そこで調理をしてくれて、食べる事が出来ます。

よく行った店は、2階のきらくです。まず、1階の食品売り場に行ってみます。

出来るだけ新鮮な状態を保つために、海老・貝などは水槽で生かしています。

少し立ち止まって眺めていると、すぐにお店の人から声がかかります。

大きなハリセンボンが氷の上に据えられて、その又上に、少し小振りのハリセンボンが乗っています。

いたいた、ヤシガニがいました。

環境省が絶滅危惧種に指定しているヤシガニが、堂々と売られています。

お店の人が近づいて、買わないかと勧めてきます。大きなヤシガニは危険なので、厳重にプラスチックケースに入れられています。

お店の人のお話では、100人に1人くらいの割合で、飼育目的で買って帰る人もいるそうです。ほとんどの人の購入目的は、食用です。

ぐるぐる巻いて吊られているのは、ウミヘビの燻製です。

豚の頭の皮チラガーが売っていました。

牧志の公設市場に続くアーケードを歩いて、何か珍しいものがないか探しています。

もう荷造りをして神戸に送っているので、重い物は買えません。できるだけ軽い物なら、買えそうです。

そこで見つけたのは、アジアショップのお店で流れていたCDです。バリ島のエステに使われているゆっくりとした音楽です。このCDを買いました。

おやっ、こんなところに鳩間島のお店があります。鳩間島は人口50人の離島です。

鳩間島に行った思い出が蘇ってきます。鳩間島の島唄と島料理を味わって楽しめるお店です。もう一泊するのなら、この店で飲みたかったです。

2013年2月18日(月)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です