池間島の鰹節工場を探します。

池間島の池間島灯台を見つけました。 宮古島ツアー 第140回沖縄訪問(5)

池間島には、昔海と繋がっていた湿原があります。今は野鳥の楽園です。

池間島を一周します。以前に来た2004年から、早くも8年半が経過しています。記憶を呼び起こすように、片山正喜さんが運転する車のナビゲーター役を務めます。まずは、外周道路を走ってみます。

池間島の入り口には土産物屋さんが並んでいて、その屋上に上がって、池間大橋を一望した後は、土産物屋さんで何か買う物を探します。

景色を見ていると、猫が寄って来ました。白い猫です。松葉博雄はなぜこんなに猫に好かれるのか、白い猫がすり寄って来ました。

下の写真は、土産物屋さんの屋上から宮古島を一望した景色です。宮古島は高い山のない平たい島で、台風が来れば防いでくれる風よけがありません。

宮古島はトライアスロンで有名になりました。あちらこちらにトライアスロンの標識があります。

もし、池間島から宮古島へ泳いで行けば、橋の距離は1425mで、トライアスロンは1500mで、ほぼ同じ距離になりますが、海流に流されてとてもまっすぐには泳げません。

池間島の鰹節工場を探してみます。ここで作る鰹節はとても美味しかったので、もう一度買いたい気持ちです。

池間島灯台がありました。東平安名岬の灯台には及びませんが、白い衣服をまとった、スリムなご婦人のような美しさがあります。

池間島の中の方を回っていると、池間島湿原という湿原がありました。この湿原は、水のない島に水があるのが不思議ですが、理由が分かりました。

元々この辺りは、港から海の水が入ってくる場所だったのです。それを、池間港を作る時に海を塞いだので、池になり、塩分が抜けて、その後、湿地になったそうです。

一台の車に7人も乗って、若い人のグループがやって来ました。物見台の鉄骨に上がり、少しでも遠くが見えるように、視界を高くしています。

白い水鳥が飛んできています。朱鷺のような白い鳥が何羽も集まっていました。

土地の少ない所では、埋め立てやすい湿地帯は、直ぐにでも埋められ、造成され、湿地はなくなってしまいそうですが、池間島の湿地帯は、野鳥の為に残されています。

島を一周してみても直ぐに終わります。また元の土産屋さんのお店に戻って来ました。お店の人に、「この辺にあった鰹工場はどこへ行ったのですか?」と聞くと、10年くらい前にもう無くなったそうです。

以前ここで鰹のお土産を買いました。味噌味で作った、鰹の生干しです。1皿700円、3つで2000円でした。

池間島の奥から戻ります。もう一度橋を渡り、宮古島に戻りました。宮古島の湿原があるところに、島尻マングローブの林があるのでそこに行きます。

マングローブの林です。1キロ位奥があるそうです。マングローブの林を出ました。その後、東平安名岬に向かいます。

明日大神島に行く予定なので、大神島行の船が出る島尻漁港に寄り、船の出発時間を確認します。

島尻漁港から大神島までは、船で20分程度の距離です。明日のお天気が晴れることを期待します。

2013年2月15日(金)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です