食べさせてもらいました。とっても手の込んだ朝ご飯を食べさせてもらいました。

食べさせてもらいました。休日の朝ご飯は、どこのホテルにも負けないような、朝ご飯を食べさせてもらいました。

食べさせてもらいました。食べてみると、とても美味しい和食の朝ご飯を食べさせてもらいました。

昨夜は何があっても、今日はまた陽が昇ります。陽が昇れば周りが明るくなり、にわとりが鳴かなくても自然と目が覚めて、目が覚めると、いつものようにお腹が空いてきます。

今日は木曜日の定休日で、時間的にも、気持ち的にもゆとりがあって、素晴らしい朝食になりました。

宮古島の自炊と違って、自宅では、朝食は奥さんがちゃんと用意してくれています。

パンダやコアラのように、松葉博雄はこれしか食べられないという食事メニューです。

奥さんからすれば、パンでも食べてくれれば、パンを焼いて、バターを塗って、コーヒーか紅茶を用意すれば、一件落着です。

少し手をかければ、庭の八朔を収穫して、皮を細切りにして、八朔のマーマレードを作ったので、これをパンに塗って食べてくれれば、バターよりは変化があります。

ところが、松葉博雄は、小さい時から和食一辺倒で、まるでパンダが笹しか食べないように、コアラがユーカリの葉しか食べないように、お米を炊いた和食しか食べません。

SOGO三宮の地下で買った甘塩の鮭のカマを焼いています。美味しいのは中塩や辛塩ですが、塩分控えめにする為、あえて甘塩にしています。

この鮭のカマは、切り身よりは箸を使って、あれやこれやほじくり返して食べる場所です。

揚げ豆腐は焼いて、その上にネギを刻み、さらに生姜をすり下ろして調味料に使います。ほんのわずか香りを高める為に、醤油を数滴垂らします。

味噌汁は、ハゲのお刺身をした残りのアラを使って、出汁取りをしています。そこに柚子の皮をほんの僅かでも浮かべると、格段に味が深くなってきます。

このような追加の調味料は、それが無くても困りませんが、あればうんと全体を高めてくれます。まるで可愛い娘が、ちょっとお酌をしてくれると、お酒が格段に美味しくなるのと同じです。

小かぶらの浅漬けが美味しいのです。この上に、鰹の削り節をぱらぱらとかけると、更に美味しくなり、これも可愛い娘が歌を歌ってくれて、場を盛り上げるのと同じです。

2月の下旬になると、花粉症が酷くなってきます。喉に優しく効く、生薬が金柑の皮です。金柑は決して実を食べるものではないと思っていたのですが、この金柑は皮より実の方が美味しく感じました。

熱々ご飯にちょっとあったらいいなぁと思うのは、粒うにです。磯の香りがするような、ウニのつぶつぶが伝わってくるような粒うにを、スプーンでとってご飯の上に乗せると、忽ち磯の香りがしてきます。

タンカンとミカンの絞りたてのジュースも、健康維持の為、ビタミン補給の為、ちゃんとお膳の中に入っています。

さらっとここまで流して、忘れていたのは、大根おろしと、ハム2切れと味付け海苔です。

大根おろしの上に、先ほどのウニ粒をトッピングに乗せると、大根おろしは、可愛い娘がにっこり笑って、愛想をふってくれるのと同じ様に、大根おろしも突然高級食品に変わります。

奥さんの朝ご飯と比べ、松葉博雄の朝ご飯は、とても豪華な朝ご飯を頂きました。ご馳走様でした。

2013年2月21日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です