トニーヒロタのものまねです。日本生命神戸支店は、設立110周年を迎えました。

トニーヒロタのものまねは、和田アキ子さんのものまねから始まり、ステージの後ろには、今は誰の真似をしているのか、誰にでも分かるように、スライドショーで写真を流しています。日本生命神戸支店は、設立110周年記念に、ニッセイ感謝の集いをしました。

日本生命神戸支店は、ハーバーランドオリエンタルホテルで、設立110周年記念行事として、200人の招待客を招き、ものまねトークショーを開催しました。

日本生命神戸支店は、開設110周年を迎えています。それを記念して、契約者を招待して感謝の集いがありました。場所は、ハーバーランドのオリエンタルホテルです。

受付では、各地区の担当者が、招待したお客様が来られるのを待っています。

オリエンタルホテルの大広間は、以前に花火大会で利用した事がある大広間でした。

およそ200名の招待客と、各テーブルには担当者が一緒に座って、サービスに努めています。結婚式の式場のように予め座席が決められていて、松葉博雄の席は、真ん中の最前列で、舞台に一番近いテーブルでした。担当の松本明子さんが同じテーブルでサービスに努めて下さっています。

最初に主催者側の挨拶です。保険会社の主催するパーティですから、最初の話は、保険に関する話です。

ガン・脳卒中・心筋梗塞の三大死亡原因についての話がありました。三大死亡原因についての保険給付が一層緩やかになるそうです。

ものまねトークショーの前に、円卓テーブルで食事がありました。生ハムの春巻きがお皿に盛られています。どれから手をつけようか箸が迷っています。

幸いな事に、ビールはアサヒスーパードライでした。乾杯が始まる前に飲み始めると、周りの人も飲み始めて、何杯か飲んでいる頃に、主催者が「それでは、乾杯の音頭をとらせて頂きます」と言われ、慌ててこれが最初の一杯のような素振りで乾杯に参加しました。

しばし一時間ほどは懇談で、食事をしながら、ビールを飲みながら、一緒に来た4名で雑談をしていました。その内舞台が暗くなり、ものまねショーが始まります。

今夜のものまねは、何十人ものものまねをするそうで、一人一人の本物の役者を呼んだら、何千万円のギャラがいるほどの、幅広い芸です。

トニーヒロタが最初に言ったのは、「審査員の目で見ないでね。一笑一若で見てね。一怒一老にならないように、笑いましょうね」と、上手な司会進行です。

ものまねは、和田アキ子さんのものまねから始まり、ステージの後ろには、今は誰の真似をしているのか、誰にでも分かるように、スライドショーで写真を流しています。

ものまねの特徴は、ものまねをされる人の特徴をいかに強調するかです。大物スターのものまねをするときは、ひょっとすると、本人が面白くないと思う特徴を強調する事もあります。

いつもの癖で、顧客満足の視点から見てみると、今日の役者さんは、常に自分を呼んでくれたスポンサーのニッセイを持ち上げています。

「舞台に呼んでくれれば、どこでも行きます。結婚式でも、お葬式でも、売り出しセールでも、なんでもいいから、呼んで下さいね」と、随所でお座敷がかかるように、PRしています。

美空ひばり、氷川きよし、アンパンマン、仮面ライダー、ちびまるこちゃん、ルパン三世、漫画日本昔話など、アニメもあれば、人形を使ったいっこく堂の腹話術のものまねまでありました。

先輩の役者に気に入られると、ステージ衣装をもらえるそうです。コロッケや、美川憲一から200着も舞台衣装をもらったそうです。

ものまね役者のこだわりがあるそうで、先輩から言われたのは、テープを使うなと言われたそうです。何のことかと思えば、顔の表情を出すのに、ビニールテープを使って、顔の皮膚を引っ張ったり、下げたり、伸ばしたりする操作です。

これは、芸人としては邪道だそうで、トレーニングを重ねて、自然に顔の表情を変えていくのが、正しいものまね芸の道だそうです。

早変わりもありました。わずか30秒で役者が入れ替わります。そのためには、舞台の袖に、衣装、かつら、化粧、ヒゲ、などの小物を置いておいて、すぐに取り替え引換えるようです。

いかに早く着替えるか、そのためには、もたもたしないように、段取りをちゃんとしておくことです。

五木ひろし、戦場のカメラマン、吉田拓郎、さだまさし、谷村新司、鈴木雅行、西城秀樹、などをわずか30秒で変身です。

最後は古畑任三郎で舞台におりて、お客いじりです。

お客さんに、クイズを出しています。フルーツは何語ですか?あてられた女性は、当然、英語ですと答えると、「真面目ですね。フルーツはね、食後ですよ」がオチでした。

最後の最後は、誰もが分かる質問です。自分を守るのは誰ですか?答えが出ない人がいました。古畑任三郎曰く「自分を守るのは、保険です」が、オチでした。

もちろん、これでニッセイ、日本生命の方は大喝采です。

2013年2月1日(金)