あれもしたい、これもしたい、あれも食べたい、これも食べたい。あの人と会いたい、この人を会わせたい。こんな希望が一度に叶いました。

次女の高校時代の親友・島ちゃんが、娘のゆいちゃんを連れて、一時帰国の娘に会いに神戸に訪ねて来てくれました。娘の友達も一緒に皆で新愛園

新愛園の上海料理が食べたい。親友の島ちゃんに会いたい。島ちゃんの娘ゆいちゃんに会いたい。この3つが叶いました。

次女はしばらく日本を離れて暮らしていたので、日本に帰国した時には、是非、あれを食べたい、これを食べたいと、思い描いていたものがあります。

念願叶って、今日はあれも食べたいの中の一つ、神戸元町新愛園の上海料理です。

あれも食べたい、これも食べたいと並んで、あの人と会いたい、この人と遊びたいの念願もあります。

今日のあの人と一緒に!が、実現できたのは、次女の高校時代の同級生の島ちゃんです。

丁度、島ちゃんのところにも、U君とほぼ同じ年頃の女の子がいます。子ども同士の成長を確かめ合うのも、あれもしたい、これもしたいの中の一つです。

 ≫2010年1月 U君とゆいちゃん

2010年1月に、ゆいちゃんとU君は、初めて顔合わせをしています。

娘の希望は、①島ちゃんと会う事、②新愛園の上海料理を食べる事、③ゆいちゃんとU君を会わせる事 でした。それが今、①②③の3つが同時に叶っています。

島ちゃんは、神戸の新愛園は初めてです。新愛園の料理はとっても美味しいとご満悦です。

幼児同士でも、最初は気恥ずかしいのか、あまり目も合わせず、近づきも離れもせずの距離でした。

おもちゃが出てきた時から、これまでの着かず離れずの均衡から、積極的に相手の持ってるおもちゃに触ろうと行動が始まりました。

持って来たおもちゃは、童謡が入っている、音の出る絵本です。これを考えた人はとっても偉いなと思いました。

子どもが二人いると、大人の食べるペースはガクンと落ちます。子どものお世話をしながら食事をするのは、大変なエネルギーがいります。

3人の子どもを育てた経験があるのですが、あの頃はどんなにして、食事の時間に食べさせていたのか、どんな事をしつけしていたのか、もう忘れてしまいました。

でも、しつけをされた子どもは、厳しかったしつけの事は、今でも覚えているようです。きっと大変厳しかったと思います。

新愛園の壁を飾っている陶画に目がいきました。ぱっと見て、これは三国志だなぁと思いました。やはりそうです。樊城攻略の際、曹仁の毒矢にあたり、骨に毒がまわってきたので、骨を削って、毒素を削除する手術を受けている絵です。

このとき、三国志では、関羽が碁をしながら、骨を削る手術を、名医華柁から平然と受けていたと伝えています。

上海料理店には、やはり中国の三国志の物語がよく似合います。

関羽の絵に注意を奪われているとき、U君とゆいちゃんは、始めの気恥ずかしさは消えて、お互いのおもちゃを見せ合うことで、堅さがほぐれてきました。

仲良くなった頃、お料理も終わりの頃になりました。お料理の終わりは、いつものマンゴー味のココナッツプリンです。

高校時代の親友に、同じ年代の子どもがいれば、育児や教育についての話も通じ合います。

今は離れていても、インターネットを利用して、skypeとかFacebookとかで情報交換は沢山出来ますが、やはり直接会って、向かい合って話す親交には及びません。

2013年1月18日(金)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です