食べてみました。飛苑の三田牛スペシャルコースを食べてみました。

食べてみました。飛苑の名誉賞レベルの三田牛を食べてみました。三田牛の飛苑(1)

食べてみました。飛苑の社長が勧める三田牛を食べてみました。食べてみました。炭火焼で炙りながら焼く焼き方で、三田牛を食べてみました。

象が歩いているように見えますが、これは何でしょう?これは、先日、平清盛ツアーに参加したときに立ち寄った清盛塚にある象の像です。

この像は、どのくらいの大きさでしょう?実は大変小さいのです。接写して大きくしているのです。では、どうしてまた、清盛塚に来ているのでしょう?

先日、平清盛ツアーで見つけた、兵庫の焼肉飛苑がお目当てなのです。息子夫妻から、美味しい物を食べに行こうとお誘いがあり、息子の運転なら焼肉を食べながらビールを飲めるので、話は早く決まりました。

この清盛塚を駐車場に使っているのは、これから行く三田牛の飛苑です。かなり沢山車を駐車できそうです。

平日のお天気のいい日ですが、NHKの大河ドラマ平清盛も放送が終わり、平清盛で観光客を当て込んでいた兵庫地区も、今は元の静けさに戻りました。

清盛塚から横断歩道を一つ渡ると、そこは神戸三田牛の飛苑です。

なかなか広い店構えで、前回見た時から、いつかこのお店で焼肉を食べようと、心密かに決めていたのですが、意外に早くその機会がやってきました。

飛苑のお店の前には、すでにお正月用の門松が立っています。

予め電話をして予約を申し込んだのですが、お昼のランチなら予約もいらないほど、席は沢山空いていました。

今日は4人でゆっくり焼肉が食べられます。リッキー君がいると、あれやこれや動き回り、火の周りに危険な物もあるので、ゆっくり落ち着いて焼肉を食べられないのですが、今日はリッキー君は保育園に行っているので、大人だけでゆっくりお昼を頂きます。

飛苑では、焼肉は炭火で焼きます。社長さんが炭火を運んでくれました。この炭火代は、1年でなんと900万円もかかるそうです。

900万円かかって大変なんですよという意味なんですが、見方を変えれば、それだけ炭火を使えば、売り上げは沢山あがっているはずです。

炭火でたき火だけをして帰る人もいません。社長の蕨野謙二さんは、そらそうだと、頭をかいて、笑いながら注文を尋ねてくれました。お勧めは4500円の清盛セットスペシャルコースです。

他のコースより、このスペシャルコースが、三田牛の魅力を十分に堪能出来る、一押しのコースだそうです。これだと三田牛のステーキのようで、ホルモン系の焼肉のようにもみえなくはないのですが、まぁオーナーのお勧めどおりにスペシャルコースを注文しました。

2012年12月27日(木)