行ってみました:さんプラザビル1階のお好み焼き・焼きそばのハクサンへ

三宮 京町筋にあるお好み焼・焼きそばのハクサンに行ってみました。

行ってみました、閉店近くの遅い時間に、さんプラザビル1階のハクサンへ、帰宅途中に行ってみました。

「行ってみました」カテゴリの記事一欄

・行ってみました:野村別邸「碧雲荘」

行ってみました:神戸元町中華街

行ってみました、福良の海を一望するホテルニューアワジ プラザ淡路島の露天風呂

行ってみました、ホテルニューアワジ プラザ淡路島の露天風呂「夕映えの湯」

行ってみました:松葉蟹を求めて舞鶴ツアー

 

不思議な事があるもので、さんプラザに40年以上もいて、お好み焼き・焼きそばのハクサンには、お店に入った経験はほんの僅かです。

会議をして遅くなるときに、ハクサンから出前をとった事は何度もあります。会議の時の人気メニューは、そばめしでした。

今夜、メニコンとの合同ミーティングがありました。まだミーティングは続いていますが、社長さんがいると、出る意見も引っ込むので、途中で退席して、今夜の食事をどこでしようか考えています。

ハクサンは、さんプラザビル1階です。さんプラザビルと、センタープラザビルの間にある、京町筋とも接している、とても場所の良い位置にあります。

三宮の一等地の、そのまた中心地にお好み焼き屋さんが長く続くのが不思議です。なぜなら、一等地は借りれば家賃は高く、高い家賃を吸収するだけの高い利益率が見込めるか、高額商品の販売でしか採算がとれないからです。

場所が便利で、エレベーターの直ぐ隣で、エスカレーターの直ぐ側で、その気になれば直ぐ行ける場所なのに、どうして今まであまり利用していなかったのでしょうか?

う~ん?今夜はハクサンで、食事をする事にします。

今夜は車で帰りたいので、ビールは飲まない事にします。注文した料理は、野菜炒め定食と、奥さんは、ペアセットです。

ハクサンのお店には、夜も遅いので、お客様があまりいません。聞こえてくるのは、お店のオーナーさんと、その家族の話し声です。部屋中に聞こえるほど、大きな声で身内の話を喋っています。会話が、自然と耳に入ってきます。

鉄板を囲む席になっていますが、ほとんどの注文は、一番奥のオーナーが焼く鉄板席で集中して焼かれています。そして各テーブルの鉄板へ、ちりとりのような大きなテコを使って運んで来てくれます。

調理済みの野菜炒めと焼きそばは、この後、用意されている調味料を選んで味付けをします。ソースは、甘口と辛口の二つです。

甘口ソースを選んで、焼きそばの上にかけます。野菜炒めは、ポン酢味で召し上がり下さいと、食べ方を指定されて、小鉢にポン酢が運ばれています。

お店を見渡してみると、ペアセットと半チャンセットが人気のようです。ペアセットは、豚そばとお好み焼きのぶた焼き(小)の組み合わせです。

半チャンセットは、お馴染みなのは、ラーメンと炒飯(小)の組み合わせですが、ハクサンでは、半モダン焼と半オムソバの組み合わせです。

奥さんと、お料理を交換しながら食べたので、野菜炒めと焼きそばの両方を味わう事が出来ました。甘口ソースの焼きそばは、ドライな味付けではなく、ウェットな味付けで、美味しく頂きました。

さんプラザ界隈には、とても沢山の飲食店があって、すぐ変わる店もあれば、ハクサンのように、40年も続いている老舗もあります。もっともっと、いろんな店に行ってみます。

2012年11月28日(水)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です