神戸大学といえば、経営学部です。2012年の経営行動科学学会 年次大会は、神戸大学経営学研究科のお世話で開催されています。

経営行動科学学会 第15回 年次大会: 神戸大学 六甲台キャンパス(2)

神戸大学といえば、今年の経営行動科学学会 年次大会は、神戸大学六甲台キャンパスで開催されています。

経営行動科学学会第15回年次大会の会場である、神戸大学六甲台キャンパスは、六甲山の山裾にあります。平地と比べて、高台は気温が低く感じます。もう氷雨のような寒さです。

学生食堂に行きます。今日は土曜日なので、学生食堂は開いています。調理場に向かって、左端は麺類、真ん中はカレーライス、右端は和食を中心とした一品料理です。

学生食堂の価格の安さは、神戸商科大学大学院に入学した時、こんなに安いのかと驚きました。今日のご飯と味噌汁、そしてきんぴら、鯖煮、ほうれん草と卵、もやし炒め、小松菜などの6品で、なんと550円です。

一緒に昼食をとっている、大阪府立大学大学院の同期生、薗田章恵さんは、第9回年次大会以来、いつも学会に参加されています。

薗田章恵さんのおかずの選び方は、やや控えめです。薗田章恵さんも、向学心が強く、二つも大学院に行っています。

誰か知ってる人はいないかなぁ?と、周りの食堂にいる人を見回してみても、誰も知っている人はいませんでした。今日は、神戸大学大学院 経営学研究科の社会人大学院生の面接の日です。ここにいる人の中には、社会人の受験生の方も沢山いそうです。

薗田章恵さんと雑談しながら昼食をすませると、午後からの聴講は、セッション10の310教室で、院生の発表会場です。

「神戸大学といえば」という検索項目があります。ここをクリックしてみると、松葉博雄の名前が出るから不思議です

午後3番目の発表は、14時~14時半までで、発表報告者は大阪府立大学大学院の博士課程後期 北居明ゼミの西之坊穂さんです。

午前中のピースピースは消えて、真剣な顔付きになっています。師匠の北居明先生は、後ろの方の席にいるようです。

全ての発表が終わるまで、待っていられません。15時で一応切り上げて、この後今日集っている大阪府立大学大学院の同門の人達で、六甲道の方に飲みに行くように提案しました。

しかし、北居明先生が、打ち合わせがあるようで、北居明先生が自由になるまで、しばし各自で時間調整する事になりました。

北居明先生は今時珍しい、携帯電話を持たない先生です。そのため、何処で飲み会をするのか、電話の連絡は出来ません。先生からは公衆電話を使って連絡がありました。北居明先生の打ち合わせが、予想より遅くなったので、飲み会に来る予定の北居明ゼミの人達は、帰ってしまいました。

結局、北居明先生と松葉博雄の二人だけで、阪急六甲の近くにある、双葉寿司で飲み会です。

北居明先生に、最近書いた松葉博雄の論文を見てもらいました。ゆっくり読むのではなく、速読なので、十分な時間は掛けていませんが、「こことここを、このようにしたらどうですか?」という、短いコメントを頂きました。さすが師匠です。直ぐに、改善点を指摘して頂きました。

いつも経営行動科学学会に参加した後は、北居明先生の同門生が集ってワイワイガヤガヤお酒を飲むのが通例で、2010年の兵庫県立大学での経営行動科学学会の後でも、飲み会をしました。今回はお酒の少ない静かな打ち上げでした。

北居明先生は、神戸大学大学院で、修士と博士の時期を過ごしたので、この双葉寿司は懐かしいそうです。

お茶を飲みながら、懐かしそうに周りをみて、美味しそうに、一つ一つのにぎり寿司を噛み締めておられました。大変残念な事ですが、今年の経営行動科学学会の飲み会は、期待ハズレになりました。あの盛り上がった2007年の駒形どぜうの飲み会を懐かしく思います。

2012年11月17日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です