遠くて近きは 男女の仲と言います。この反対は、近くて遠きは田舎の道です。さんプラザから近いのに、なかなか行けていない飲食店が沢山あります。今日の欧風料理もんは、近くて遠いお店です。

欧風料理 もん

遠くて近きは 男女の仲と言います。この反対は、近くて遠きは田舎の道です。この田舎の道に相当するのが、三宮の界隈にある飲食店です。

松葉博雄は、さんプラザで40年以上も仕事をしていながら、直ぐ近くの三宮の飲食店街のお店を利用していません。こうなると、近いのに、有名なお店を知らないことになります。

そこで、お昼ご飯をどこか、これまで利用していない店に行ってみます。生田神社の近くまで行くと、『欧風料理もん』があることに気が付きました。このお店は老舗で有名です。

外から見ても、一つのビルが全てもんのお店のようです。外から見ると、欧風の重厚な作りです。

お昼時なので、お店の中はあまり人気はありませんでした。ドアを開けると、すぐにマスターが何人ですか?とたずね、2人ですと言うと、2階に上がって下さいと言われました。

狭い階段を上がって周りを見ると、木張りの壁には、絵や人形、額、などが掲示されています。

2階では、2階のフロアー係の女性が、どこでも好きな所に座って下さいと、やや言葉少なげに案内してくれます。

壁にも、良い額がかかっています。これ本物ですか?とたずねると、そうです。来るお客さんから、何でも鑑定団に出してみたらどうですか?とよく言われます。

棟方志功の作品です。谷﨑潤一郎の小説『鍵』の広告なのか、中央公論社が作ったと思われる鍵のカバーがあります。

あらすじは、ある初老の男が、嫉妬によって性的に興奮することを目的として、妻と若い知人の男を接近させて、その経緯を部屋の鍵穴から覗いて、日記に書きます。

妻は、夫が鍵穴から自分達を覗いている事を知っていても、拒絶せずに、見られている事に同調する。といったテーマで、大映の映画で見たような気がします。

さて席に着くと、メニューを見て料理を注文します。もんの名物料理はとんかつです。そこで、松葉博雄はとんかつ定食(1800円)です。奥さんはビーフカレー(1200円)です。

三宮でとんかつを食べるなら、さんプラザ地下の『武蔵』です。武蔵とどちらが美味しいか、興味があります。

出てきたとんかつは、食べやすいように6等分にされていて、フォークがなくても食べやすくなっています。とんかつに添えられたキャベツは、カレー味に蒸されています。

奥さんのビーフカレーは、型押しされたご飯に、ビーフカレーのルーが始めからかけられています。

とんかつには漬け物が、カレーには福神漬けが付いています。

味噌汁は、武蔵と同じ様に、やや重厚な味噌汁でした。

食事中、上の階で食べていた4人連れの若い男女が、2階にエレベーターで下りてきて、ここでお勘定の清算です。4人で、2万4千円払っていたので、どうやらステーキを食べていたようです。

お店の方が、領収書いりますか?宛名はどうしますか?と尋ねると、宛名は書かないで下さい。と、領収書を受け取っていました。そうなると、これは接待でしょうか?それにしても、お昼の食事に接待とは、どんな仕事でしょうか?

短いお昼休みの昼食なので、とんかつを食べると直ぐに精算です。壁に書かれている絵は、上の階では、昔の古い広告があるそうです。今度又、上の階を利用して下さいと、サービス係の女性から案内がありました。

降りる階段では、壁にキリシタン禁止のお定め書きが掲げられていました。江戸時代を通して、幕府はキリスト教を硬く禁じていました。

田舎の名主を務めた百姓家に行けば、末端にまでこの禁止のお定め書きが残っています。幕府の通知が行政の末端にまで行き届いていました。

2012年11月6日(火)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です