博士を目指す人、博士になった人、博士を育てる先生、皆集って博士ゼミをしています。

大阪市立大学大学院 事業創造研究科 博士後期課程 後期

博士を目指す人は、査読論文を書いて、学会で採択されるよう、一歩一歩論文の完成度を高めています。博士になった人は、査読論文が採択されるように、自立した研究者として論文作成に取り組んでいます。

阪急梅田駅からエスカレーターに乗って、阪急百貨店の方向にムービングウォークを利用して進んで行くと、これまで仮囲いで隠されていた、新生 阪急百貨店の綺麗な入り口と天井が、驚くほどの変わり方で、美しく光り輝いています。

天井が高く、照明は明るく、広場は広く、仮囲いで狭かった広場は、沢山の人が行き来しても、ぶつかりません。

2012年10月25日(木)は、阪急百貨店の第二期棟オープンの日でした。時間があれば、阪急百貨店の中にも入っていってみたいところですが、松葉博雄はこれから、大阪市立大学大学院の博士ゼミに出席するので、阪急百貨店を横目に見て、地下道をまっしぐら、キャンパスに向かいます。

30分ほど早く着いて、図書室に行ってみると、見慣れた人なのに、あれ?と思う人物がいました。それは、同じく博士ゼミの客員研究員である竹田さんです。二人で、現在の研究の進み具合について意見交換です。

博士ゼミの客員研究員となると、院生のように発表や報告は求められませんが、当然、研究が進んでいるものと期待されます。

期待に応えるには、査読論文を書いて、採択されることが結果を出すことになります。院生の皆さんが、一本の査読論文を通すのに何年もかかっているように、なかなか査読論文を通す事は、簡単なことではありません。

竹田さんは、山下清のように、丸坊主頭を通していたのに、今日の頭は髪がいっぱいあります。その髪も、雷様の頭の髪のように元気よく立っています。

寒くなったので、帽子の代わりに被っているそうです。教室に入って、他のゼミ生が見てもこらえきれない可笑しさで、教室が普段と違う明るさに包まれました。

今日の発表は、ブライダル産業のサービス品質に関する研究報告です。報告の後、参加者からの意見が出るところですが、これまでは明石芳彦先生が先陣を切って気が付いた事、注意すべき事、論文としての体裁、マナーなどの指摘をしていました。

それが前回と同じ様に、明石芳彦先生は、他の参加者の意見が出るのを待っています。こうなると、客員研究員の松葉博雄と、竹田さんの二人が、意見を述べることになります。

研究の内容自体は、発表者が専門家でもあり内容も熟知していて、内容に関して指摘する事はあまりありません。

意見を述べるのは、査読論文としての完成度を高めるために、何をどのように、どの部分を修正して、より完成度の高い論文に持っていくか、という意見を述べる事になります。

博士ゼミが終わって、来た道を帰ります。阪急百貨店の前は、通行人がかなり少なくなり、カメラを持った外国の方が、ショーウィンドウに向かって写真を撮っていました。

ミラーボールのような、地球儀のような、アドバルーンのような、大きな丸い球面は、花で飾られています。この花は生花のようです。生花なら、その花の寿命も数日の輝きです。そうすると毎日花は取り替えるのでしょうか?

広場を通る人達は、ほとんどの人が阪急電車のホームに向かって進む人達です。皆さん着ている服は、秋物に、秋物といってもやや厚めの服に替わっています。

神戸に戻る頃には、頭上に満月が輝いて、周りに傘を被ったようなリングが出来ています。家の周りの金木犀はすっかり落ちてしまい、空気は冷えて、晩秋の気配を感じる夜になりました。

2012年10月29日(月)