経営に関する査読論文は、どうしたら書けるのでしょうか?研究者の役割は企業経営の中から問題点を探す事です。

経営に関する査読論文は、どうしたら書けるのでしょうか?研究者が経営者であれば、問題点は見つかりそうです。

経営に関する査読論文は、どうしたら書けるのでしょうか?経営の何が問題なのか、どうすれば問題が解決出来るのか、研究者の視点が必要です。

大阪市立大学大学院 明石芳彦先生のゼミの前期は、今日が最終日です。論文提出を控えてる人は、この後も個別に指導を受ける事になります。

夏の夕方は日が沈むのが遅く、教室の窓からは真正面にJR大阪駅が見えます。そろそろ帰宅時間で、ターミナルは人で溢れています。

今日は珍しく、竹田さんがゼミに出席です。2012年の春に博士号を取得したので、今回から客員研究員としてゼミに参加するようになったそうです。少しスリムになったように見えます。それは、松葉博雄の奥さんの助言を受け入れて、大学教員の採用に向けての対策だそうです。

今日のゼミの発表者の報告を聞きながら、何が問題なのか、頂いたレジュメに書き込んでいきます。松葉博雄が兵庫県立神戸商科大学 大学院で学んだ、サービスマーケティングの分野に重なっている事が多く、興味が湧きます。

論文を書く時、研究者として、何が問題なのかという問題意識があり、問題提起をし、リサーチクエスチョンを示す事が研究目的に繋がります。この研究目的がしっかりしていれば、先行研究はどの論文にするのか、絞られてきます。

発表が終わり、先生方から質問や、どこを直すのか指導があり、ゼミは終了します。

今日が前期の最後なので、明石芳彦先生に声掛けをして、前期打ち上げの飲み会に行くことになりました。お店はステーキハウスSKYです。去年の7月の打ち上げに行ったときのお店です。

参加者は、明石芳彦先生と、竹田さん、吉田さん、松葉博雄の4名です。大阪梅田の地下街にある飲食店のお店は、立ち行かなくなってる店が多い中で、このお店はよく流行っています。何が違うのか見ていると、元気さが違います。ビールが空になりそうになると、すぐにもう一杯おかわりしましょうか?と勧めに来ます。

ホームページ用の写真を撮ろうとすると、直ぐに女将さんが気を使って、シャッターを押しに来てくれました。

明石芳彦先生の博士コースの同門会はまだありません。そこで、修了後も音信不通にならないように、同門会を作ろうという提言をしました。

後期の始まりは10月からです。夏休みの間に論文を書き進め、秋にはどれだけ書き進んでいるか、ゼミでの報告になります。

2012年7月9日(月)