沖縄県恩納村の近隣ドライブです。恩納村の海、恩納村の畑、琉球犬、真栄田岬の海を見て廻りました。

沖縄県恩納村の近隣ドライブです。恩納村の海に続く読谷の海。恩納村の畑、琉球犬、真栄田岬の海を見て廻りました。 第137回沖縄訪問(8)

沖縄県恩納村の近隣ドライブです。恩納村の海、恩納村の畑、琉球犬、真栄田岬の海を見て廻りました。地図で見ると、小さな村でも、車で廻ると随分広い地域です。

松田光正さんの運転で、ドライブは進みます。松田光正さんが住んでいる、風光明媚な読谷にやって来ました。読谷の長浜公民館へちょっと寄ってみます。公民館は新しくて綺麗です。

内地と少し違う点は、沖縄のどの集落にも、行政の末端組織として、それぞれの地区に公民館があります。公民館には区長さんが駐在しています。

区長さんは公務員です。お給料も賞与もあります。仕事の内容は、住民へのサービスです。地域の人は、地域の行事を公民館を中心にして行っています。

公民館には、その地域の住民の人達が一堂に会することが出来る様、体育館の様なホールがあります。そこでは料理教室や、踊り、華道、講演会、カラオケなどの文化的教室が開かれます。

長浜地区の区長さんとお会いしました。公民館の廊下には、初代から始まって、現在までの区長さんの写真と氏名が掲示されています。初期の時代には、写真が残ってない方もいます。

公民館から目の前に見える、遠浅の浜辺に行ってみます。

今日は大潮で海は大変よく潮がひいています。沖縄の梅雨が明けたようです。

沖縄の海は、本島でも、終戦直後から、沖縄の開発が始まるまでの間は、どこの浜辺もサンゴが生きていて、サンゴを足で踏んで船を出していたそうです。

松田光正さんは、顔見知りの地元の人に、この辺りにもスクが来たか、尋ねています。読谷の長浜地区でも、スクは以前は毎年の様に捕れていたのに、近年は滅多に捕れないそうです。

以前に寄ったすや売店に寄って、松田光正さんは、松葉博雄に、オリオンビールを買ってくれました。でも、申し訳ないですが、あまりビールを飲み過ぎると、肝臓に負担をかけるので、買ってもらったビールは、松田光正さんに、運転が終ったら飲んでもらう事にしました。

ドライブは続きます。リゾート地区から、畑に向かっています。山を切り開いた畑は、眺望が良い所にあります。

パイナップルの畑です。パイナップルといっても、食べるパイナップルでは無くて、観賞用のパイナップルです。

琉球犬の小屋をみました。琉球犬は猪狩りのため使う猟犬です。なかなか獰猛そうな顔をしていて、人が近づくと吠えたてます。宜野座で沖縄県指定の天然記念物「琉球犬」の純粋種を見ました。

もう一度スクを見つけた所へ、戻って来ました。上から見ると、スクの数はすごい沢山居るようです。金城正則さんに電話をしてみましたが、ハーリーの準備に人手が要るようで、直ぐに船は出せませんでした。

そこでもう一度、電話で山城興善さんに連絡をしました。山城興善さんは、畑にいましたが、直ぐに前兼久漁港に駆けつけてくれるそうです。

真栄田岬の絶壁の上に立って、下のスクの動きを見ていると、スクの群れは自在に変化していきます。スクの群れの中にリーダーがいるのか、リーダーに沿って沢山のスクがフォロワーになっています。

海を見ると波のない穏やかな海です。ここなら波に揉まれて、潮水を飲む事もありません。波の静かな所でシュノーケリングしています。

この場所へ、冨着信常さんに船に乗せてもらい、シュノーケリングしたこともあります。

昔、さんプラザコンタクトレンズの社員旅行で、ここに来て、シュノーケリングを社員の皆さんと、やったこともあります。

ここから、海に潜ると、いっぱいの熱帯魚が泳いでいます。この真栄田岬の麓は、波が穏やかなので、ダイビングやシュノーケリングの初心者が集まる場所です。

2012年6月22日(金)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です