株式会社メニコンの第55期 定時株主総会 に出席しました。

株式会社メニコン第55期 定時株主総会 に出席して、メルスプランについて質問をしました。 メニコン株主総会(1)

株式会社メニコンの第55期 定時株主総会に出席する為、名古屋に出掛けます。新神戸駅から名古屋までは、新幹線でおよそ1時間です。

メニコン本社は、名古屋駅からまっすぐ続く広小路通りに面しています。

昨年(2011年)の様子はこちらです。

メニコン本社の株主総会が開かれる会場の北館5階では、大規模な模様替えが成されていて、多目的ホールとして、今回の株主総会が初めての会場使用になるそうです。

全体の外観は、まるで、コンサートホールか、映画館か、文化ホールのような文化的な素晴らしい造りです。

株主総会は午後1:30から始まります。松葉博雄は少し早く着いたので、受付順が一番でした。中央の議長席の近くに席を取り、周りを見渡して、誰か顔なじみの顔を探してみます。

メニコンは委員会設置会社に2010年から移行したので、株主総会の議長は 取締役会議長の 岩田久雄さんです。代表取締役の田中英成さんから事業報告があり、その中で、現在メニコンが取り組んでいる重要な事業についての報告と説明がありました。

報告が終ると、質問が受け付けられます。手を挙げて出席番号と氏名を述べ、質問が始まります。松葉博雄の質問は対処すべき課題についての質問です。

対処すべき課題として、メルスプランについて、およそ20分程度の質問をしました。執行役グローバル戦略担当の大口敏幸さんが質問に対して答えてくれました。

松葉博雄の質問が終わると、次の方の質問を待ちましたが、どなたも次の質問がなく、会社の現況に関する事項の説明が終わると、次の報告事項に移ります。

さらに株主総会として重要な議案及び参考事項の第一号議案、第二号議案、第三号議案へと次々に決議が諮られ、およそ1時間ほどで全ての議案が決議され、株主総会は終了しました。

この後、新しい多目的ホールの紹介と、1階の展示室の紹介に続きます。

2012年6月27日(水)