研究者に進むには、大学院で学んで、博士課程前期の修士課程から博士課程後期へと進みます。

博士号修得には、大学院で学んで、修士課程、博士課程へと進みます。次はどこの大学院に進もうかと検討している人もいます。 兵庫県立大学大学院MBAの会 親睦会(2)

兵庫県立大学大学院 経営研究科で学んで、その後、また修士課程、次に博士課程へと進んでいる人がいます。

第一樓で、兵庫県立大学大学院MBAの会が終わり、久しぶりに皆さんの顔が揃ったので、松葉博雄の呼びかけで、第一樓の近くの松葉博雄の研究室で、二次会を呼びかけました。

大村邦年さん、前俊雄さん、前北隆幸さん、江上豊彦さんが参加です。

2001年に、この研究室で小西一彦先生と鈴木克也先生も参加していただき、ベンチャー研究会のメンバーで花火鑑賞会をしたこともあり、懐かしいという声があがりました。

2004年12月には、小西一彦ゼミの忘年会の2次会をこの研究室で行いました。

第一楼でかなり飲んでいますが、二次会でも、ビールと泡盛で飲み直しです。

MBAの会のメンバーなので、話は大学院や研究会、さらに、博士修得に関する話題で話しが弾みました。

一度研究活動を体験すると、すっかりその魅力にはまってしまい、次にまた、大学院で研究を続けたくなります。しかしお昼の仕事もあり、研究をしたくても研究三昧という訳にはいかず、ジレンマに陥っている人もいるようです。

仲間が集まり、お酒を飲んで、アカデミックな話にすっかり良い心地になり、肘をついて聞いているうちに、いつの間にか鼾が聞こえてくる時間もありました。

皆さん話題が豊富で、聞いているうちにすっかり時間を忘れ、いつしか夕暮れ近くになってしまい、今日のお開きとなりました。

2012年6月10日(日)