竹田城 竹田城を見て思うことは、有力戦国大名と地元大名との戦いは、今なら大手全国チェーンとご当地の地元企業との戦いのようなものです。

竹田城の冬期入城は、禁止されました。朝来市は、平成26年12月11日(水)から平成27年3月19日(水)までの間、竹田城の入城を全面禁止にしました。有馬温泉から朝来市へドライブ (8)

竹田城の歴史を読むと、戦乱の世の有力戦国大名と地元大名との戦いのようです。今なら大手全国チェーンと、ご当地の地元企業との戦いのようなものです。

竹田城を、以前から、いつか訪ねてみたいと思っていた竹田城に来ました。

竹田城は雲海で有名です。お城が雲の中から顔を出している様な、幻想的な写真を見たことがあります。

**

大町藤公園を出て、これから竹田城に向かいます。竹田城はJR播但線竹田駅の近くにあります。

**

竹田城の城下は、今も城下町のなごりが残っています。

**

竹田城は、市町村合併により、朝来市になっています。

**

竹田城への登山口は、あまり多くない誘導看板ですが、やっと見つけて、これから竹田城跡に登ります。先行きを暗示するような、暗い文章が気になります。何を書いてあるかといえば、道幅が狭いので、車の対向車に注意とのことです。

**

ここから山道を登るような案内板がありました。

**

六甲山にも脇道があり、脇道は狭くて、対向車に出会うと、どのようにしてやり過ごそうかと困る時があります。暗い予想は現実となり、狭い狭い道で、下りの車と、対向してしまいました。ここで判断を誤ると、ずるずるっと左の路肩は、谷底に続いています。

一旦、車を降りて、どのくらい左側の道幅があるのか目測してみました。幸いなのは、後続車の運転する人が降りて来て、左路肩を見ながら誘導してくれたので、谷底に落ちなくてすみました。

**

竹田城に上る道は、思ったより、車で上がるには、危ない道でした。途中に駐車場があり、ここから先は徒歩になります。

以前は、車も入れていたようで、ガードレールが設置されているものの、ガードレールには擦り傷がついていたり、所々壊されていたりします。右側の崖は山の脇がえぐられている、恐ろしいような光景も残っています。これでは車での登城は、禁止した方が安全です。

**

竹田城は山城です。元々の山を削り、石垣を築き、山頂部分を天守閣にしています。上に上がれば、段々と下の城下町が見えてきます。

**

途中の新緑の中に、小さな可愛らしい花が咲いていました。一つ一つの花を見つけては、写真に写し、犬の散歩の様に、あちらこちらに立ち止まって進んでいます。

**

竹田城への上り道を、かなり登り詰めて、やっと石垣が見えてきました。案内板によると、この石垣の積みかたは、築城方法としては、自然の石を積み重ねていく、穴太(あのう)積みという積み方です。

**

竹田城の玄関である大手門の前に着いたときは、標高は300mを越えて、城下を見ると、大手門はかなり高い山にあることが分かります。

**

竹田城も、お城に登っている人は、中高年以上の方が中心です。お城の平坦な敷地にも、咲き終えた桜が、新緑を張り巡らせています。このお城に咲く桜も、きっと立派な桜だったと想像します。竹田城は、日本の名城100選に選ばれている名城のひとつです

**

竹田城に向かって、行き交う人が言うことには、どうやって昔の時代に、こんな山の上に、大きな重い石を運んだのだろう?と、いぶかしがっています。

**

竹田城の山頂部分になると、視界を隠していた山の樹木が途絶え、視界が広がってきました。城下には川が流れ、山と山の合間に城下町が広がっている様子が分かります。

真下に、JR播但線の竹田駅が見えます。

**

竹田城は虎伏山ともいわれ、遺構の美しさでも有名です。

**

戦国の時代には、ここ竹田城は、畿内・山陰・中国の境界に接し、戦国大名の赤松氏と、山名氏の豪族が、絶えず抗争を繰り返していた地域です。赤松満祐は足利義教将軍を殺し、いわゆる嘉吉の乱を起こした武将です

一方の山名宗全は、応仁の乱の西軍の大将で、どちらも歴史に名を残す戦国武将です。

**

山名氏は、6分の1殿ともいわれ、日本六十余州の6分の1を領する大大名でした。こんな強力な戦国大名が近くにいたら、隣接の戦国大名はたまりません。

**

今なら、大手全国チェーンに対向する、ご当地の地域企業の戦いのようなものです。

竹田城といえば、雲海に包まれた古城ですが、今日はお天気の良い日で、霧は全く発生していません。霧に包まれて有名なのは北海道の摩周湖ですが、霧に包まれて幻想的なのは竹田城です。

**

山城なので、石積みは、近くの山から調達した、あり合わせの石をうまく組み合わせて、それでも崩れないように、所々の力のかかる所には、小さな石を組み合わせて、力の分散を図っています。

2012年5月10日(木)