修士論文を、さらに博士論文に発展させるには、基軸の査読論文が採択される必要があります。

修士論文が博士論文に発展するには、博士論文の基軸となる査読論文が採択される必要があります。 大阪市立大学大学院 明石芳彦ゼミ

博士課程後期のゼミでは、論文指導が続きます。修士論文から博士論文に発展させるには、査読論文が採択される必要があります。

ゴールデンウィーク中、4月30日(月)は振り替え休日でゼミはお休みでした。今日の5月7日(月)は連休明けで、世間はまだぼんやりとした状況にあります。

ヨーロッパではギリシャとフランスで選挙があり、緊縮財政に対する国民の批判が現政権に集まって、緊縮財政を求めても国民はNOの意見が多いようです。

図書室で手にする週刊誌はプレジデントです。表紙を見ると、つい読んでみたくなるからです。今日のタイトルは「年収300万 父さんは、なぜ幸せなのか」です。プレジデントの言っていることは、年収が高いばかりが幸せに繋がるとはいえないようです。

**

例えば、年収300万円台の4割が『毎日家族団らん』で、円満ファミリーが多いようです。

少しずつ年収が上がり、年収500万円台になると、仕事か家庭で悩む層が増えてきます。

年収800万円台は、働き盛りの年代ですが、子どもが少しずつ成長することで、教育費が重くのしかかります。

**

夢の大台、年収1000万円台は、同僚と妻に不満で、そのはけ口は面白い仕事を求めています。

年収1500万円以上になると、2割が家族と会話無しの状態になって、本人は社会貢献をしたいと、家庭とはちぐはぐな方向に進んでいます。

結局、年収に繋がる仕事に恵まれなくても、家庭で『承認』を得れば、幸せになれるようです。

**

時間が来たので教室に入ります。連休明けなので、今日の明石芳彦先生のゼミに参加する学生は少ないようです。

**

今日の発表者は、松葉博雄は初めて発表を聞く、吉田勝彦さんです。吉田勝彦さんは会社を経営する実務家で、仕事をしながら、博士論文に挑戦する舞台の背景は松葉博雄とよく似ています。

****

松葉博雄もそうでしたが、実務でその道の専門家であっても、博士論文を書くことは、実務の知識が邪魔することがあります。博士論文は、いくつかの査読論文を挟んで全体を構成しています。

査読論文は、限られた紙面で簡潔に、実務的な内容であっても学術的に表現しなければなりません。松葉博雄も、コンタクトレンズの実務のことをよく知っているので、なかなかアカデミックな表現が出来ませんでした。

**

吉田勝彦さんの専門はコンピューターのソフトウェア開発の仕事です。実務のその舞台は、日本からベトナムに移っています。今日の初めての発表が、この後どのように査読論文や、その先の博士論文に発展していくのか、発表を聞くことが楽しみです。

 

2012年5月7日(月)