ふるさと桜づつみの桜並木を求めて、今日の花見の終了地点の篠山城にやって来ました。

ふるさと桜づつみの終点は、篠山城です。 丹波篠山お花見ツアー(4)

ふるさと桜づつみを求めて、花見のお弁当を求めて、今日の花見の終了地点の篠山城にやって来ました。

**

桜づつみには、たくさんの桜の並木がありましたが、観光施設はありませんでした。ここ篠山城まで来ると、屋台もあって、お店もあって、商店街もあって、お弁当を買うお店も見つけました。

**

お弁当は、いつも利用するみたけ鯖寿司です。お弁当を買ったら、今度は食べる場所を探します。

**

篠山城の駐車場は、普段は無料なのに、花見の時には有料になります。駐車場は元中学校の敷地の跡地です。中学校の玄関に咲いていた、しだれ桜は、今は駐車場の車に囲まれる形で残っています。

**

今年も見事なしだれ桜が咲いています。車から降りてきた人達が、このしだれ桜を背景にして、写真を写しています。

**

お弁当を食べる場所は、お花見の人影があまり見られない、お城の外のお堀端にしました。

**

良いお天気日和です。風もなく、暑すぎもしない、少し陰りのある太陽です。

**

お弁当を食べたら、やはりお城の中を廻ってみたくなりました。篠山城の良い所は、入場料が無料な事です。

**

やはり、桜は本居宣長が言うように、『 しきしまのやまと心を人とはば 朝日ににほふ山ざくらばな 』の日本人のアイデンティティに繋がるようです。

**

2011年は、東日本大震災と福島原発事故で、お花見は自粛傾向にありました。

**

2012年は、昔ほどではないものの、少しずつお花見を楽しもうという気持ちが回復してきています。

**

篠山城の大書院の前に広がる広場は、原則飲食禁止地区です。

**

ゴザを敷いて、車座になって、上野公園のような花見客で溢れる頃の人出はありません。静かなお城の跡に、ひっそりと山桜やソメイヨシノが咲いています。

2012年4月19日(木)