あなたに出会ってほしい伊江島があります。伊江村役場

あなたに出会ってほしい伊江島があります。伊江島観光協会 第136回沖縄訪問(14)

あなたに出会ってほしい伊江島があります。出会って欲しいのは、祭、食べ物、産業、土産をあげています。伊江島役場と伊江島観光協会より。

あなたに出会ってほしい伊江島があります。伊江島の公式リーフレットには、最初に伊江島のユリの花を紹介しています。4月から5月にかけて100万輪のユリがリリーフィールド公園に咲き誇ります。この時期には、伊江島ゆり祭が開催されます。

**

片山正喜さんが運転する車で、伊江島の外周を廻ってみます。目指すリリーフィールド公園は伊江港から城山を横切って、伊江島を横断します。

伊江島には、ヤンバルの様な亜熱帯の自然植物の自生する場所は僅かです。伊江島のほとんどが、畑や耕地に耕されています。

**

途中、地下ダム工事の現場をみました。地下に水をためて、水の供給をするようです。

**

伊江島は大きな山が無く、平たい島で、風が吹き抜ける島ですから、台風の時は大変です。島で見えるのはタバコ、牛舎、さとうきび、そしてピーナツです。

**

百合が咲く五月の連休の頃が、この島の観光シーズン、ハイライトです。リリーフィールド公園に来てみました。

**

ちょっと早かったようで、まだ少ししか咲いてません。公園はおよそ3億円の工事費で作られたそうです。ちょっと廻ってみます。

**

ユリの花は香りが強く、香りに敏感な人、アレルギーのある人には、近づくと、まるで満員電車の中で、女性の強い香水に、頭がくらくらするような不思議な現象が起きます。

**

今日は平日で、まだ百合が咲く前なので観光客は少ないですが、ゴールデンウィークの頃には大変なお客様が来るように予想されます。

**

一部咲いている百合を見てます。バラ園に行けば、たくさんのバラの種類があり、菊の展示会に行けば、たくさんの菊の種類がある様に、ユリ園にも沢山のユリの種類が、種類別に植えられ、一部早咲きのユリが咲いています。

**

たくさんの人が集まって、賑やかに開催されるパーティー会場にぴったりなユリの花の名前は、パーティーダイヤモンドです。

**

接写するとこんなユリの花です。

**

リリーフィールド公園の海に面する海岸部分は、まるで溶岩が流れ出て固まったようなゴツゴツとした珊瑚の塊です。危なくて近づけません。

**

以前来たときには断崖絶壁の、バンダの所(茅打ちバンダ)に行きました。

**

溶岩のような珊瑚の隙間に、わずかに土が溜まり、そこには強い風に抵抗しながらも、オダマキの苗が自生しています。オダマキの花言葉は、

「必ず手に入れる」「愚か」「断固として勝つ」です。かなり、強い意志を感じる植物です。

**

伊江島で自然が残ってる場所は、このように耕地にもならない、耕すことも出来ない、厳しい環境の場所に自然が残っています。

2012年4月10日(火)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です