さくら名所100選:桜のお花見:津山城の桜、姫路城の桜、篠山城の桜、海津の桜、これまで見てきた桜のハイライトです。

さくら名所百選:津山のお城の桜、姫路のお城の桜、篠山のお城の桜、海津の桜、これまで見てきた桜のハイライトです。 過去のお花見写真集

さくら名所100選:これまで見てきた桜のハイライトです。

さくら名所百選 ①津山のお城の桜、②姫路のお城の桜、③篠山のお城の桜、④海津の桜。

桜が咲く頃になると、気持ちが落ち着かなくなってしまいます。

在原業平の詠んだ歌に『世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし』 (古今53)と、同じ気持ちになってしまいます。

**

どうしてそわそわするかというと、桜の花は、パッと咲いて、パッと散る、短い期間に、桜の名所の花が一斉に咲いてしまうので、あれも見たい、これも見たいと思っても、わずかの間に花を見て回るのは難しいのです。

**

日本の桜100撰がありますが、この中で、今まで廻ったのは、どれだけあるでしょうか?

もちろん、桜はたくさんの人が愛でる、花盛りの桜ばかりがいいのではありません。

**

ことわざにあるように、『 人の行く裏に道あり花の山』といわれるように、意外に、人の通わない、山道の脇に、誰にも愛されずに、ひっそりと咲く、桜の花も美しいのです。

日本の桜のお花見のスタートは、沖縄の名護市からです。2月頃から避寒桜が咲き始めます。

**

桜の名所には、お城、お寺、神社、公園などが中心です。やはり、桜は日本の伝統的な文化として、お城の石垣・お寺の境内・神社の参道などが似合います。

**

今は地球温暖化の影響なのか、3月末には、桜が咲き始めますが、松葉博雄が子どもの頃は、4月10日の入学式や新学期の頃、桜を背景にした記念写真を写していました。

それが、3月の末から4月の初旬に見頃を迎え、4月の10日には散ってしまうほど、桜の開花時期が変わっています。

それが、元に戻ったのが、2012年です。今年は、4月10日くらいがお花見の丁度良い頃でしょうか?

この他に、須磨浦公園の桜

南淡路市の賀集八幡宮・護国寺

財団法人・日本さくらの会が選んだ、日本さくら名所100選(にほんさくらめいしょひゃくせん)で、松葉博雄が訪れている場所です。ご覧下さい。

滋賀県 高島市 海津大崎の桜
兵庫県 姫路市 姫路城の桜
岡山県 津山市 鶴山公園の桜

 

2012年4月4日(水)