ジョンソン・エンド・ジョンソン社の戦略的マーケティングの意見を聞く事ができました。理論と実践の両面からマーケティング研究が出来ました。

ジョンソン・エンド・ジョンソン社の戦略的マーケティングの責任者の森村純さんの意見を聞く事ができました。理論で学んだ事と、実務・実践で行われているマーケティングの両面からの研究が出来ました。

ジョンソン・エンド・ジョンソン社の戦略的マーケティングは、新しい取り組みが為されています。その戦略的マーケティングの要旨を聞く事ができました。『組織は戦略に従う』と言われています(アルフレッド・D・チャンドラーJr. )。

デイビッド・R・スミス社長の下で、新しい戦略が決定され、新しい組織が築かれ、戦略的マーケティングが始まっています。

理論で学んだ事と、実務・実践で行われているマーケティングの両面からの研究が出来ました。

**

ジョンソン・エンド・ジョンソンの法人営業部長の安田勇一さんと、デジタル・アンド・ストラテジックプランニング部ディレクターの森村純さん、営業本部長の塚田正之さん、ディストリクトマネージャーの梶芳学さんが、ジョンソン・エンド・ジョンソン社の新しいマーケティングについて、意見交換に来られました。

1991年から我が国に使い捨てレンズが登場し、その後、使い捨てレンズは、どんどん普及し、今日ではコンタクトレンズのおよそ90%が、使い捨てレンズになっています。

**

使い捨てレンズを販売するメーカーにとっては、高い普及率になって、市場が成熟化しています。将来的には若年層の人口は減少傾向で、ユーザーの伸びは期待できません。

**

使い捨てレンズが普及するに従って商品性が強くなり、コンタクトレンズの持つ特性である、医療性の認識がだんだん薄れ、むしろ日用品的な認識が広がり、高度管理医療器機なのに、コンタクトレンズがコモディティ化しています。

**

そうなると、医療用具として、正しいケアと使用方法を守る、コンプライアンスの低下が心配になってきました。一つの例が、対面販売以外で購入する割合が増えている事です。

**

対面販売の場合は、継続的に購入する機会に、コンプライアンスについて注意・警告する事ができます。

そこで、ジョンソン・エンド・ジョンソンとしては、新しい経営戦略が必要となってきます。

使い捨てコンタクトレンズを使う装用者への①目の健康管理 ②販売店との協働 ③自社レンズのエンドユーザーの購買データ管理 ④ユーザーへのコンプライアンスの呼びかけ、などの新しい戦略的マーケティング手法について、意見交換がありました。

2012年2月27日(月)