社長メッセージ・言葉(給与袋に添えて):「築城三年 落城一日」(2011年9月号)

社長メッセージ・言葉(給与袋に添えて):「築城3年 落城一日」(2011年9月号)

 

給料袋に添えて9月

築城3年 落城一日

戦国時代から国を治めることは他国からの侵略から、自国を守ることと同じ様に重要な事と理解されて来ました。

国を守るために城を築き、守りを固め兵を養い、情報を集め、治安を守っていました。

何年もかけて城を築いても、統治に油断があれば、僅か一日で落城することもありました。油断とは、危機管理不足、規律の乱れ、法令違反などの統治に抜かりがあった時のことで、一瞬にして落城することがあるのです。

このことを戒めて『築城3年 落城一日』と言っています。油断なきよう常に備えて下さい。

2011(平成23)年9月25日

社長 松葉 博雄



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です