近くがみえにくい、近くがみえにくいという年代が、誰にでもあります。メニコンから、2ウィークメニコン遠近両用が新発売です。

近くがみえにくい、近くがみえにくいという年代が、誰にでもあります。使い捨ての2週間タイプで、遠近両用レンズがメニコンから発売されます。 メニコンの研修会が発売に合わせてありました。

近くがみえにくい、近くがみえにくいという年代が、誰にでもあります。 近くがみえにくいのは、最近の情報化時代の影響です。 ケータイ、ゲーム、パソコン、カタログなど、どんどん文字が小さくなっています。

若い人でも、中年の方にも、それ以上の方にも、近くがみえにくい事があります。 そんなニーズに応えて、新製品が各社から、いろいろなカテゴリから開発されています。 今回の新製品はメニコンの遠近両用使い捨てレンズ2WEEKメニコンです。

**

ハードレンズの時代から、ソフトレンズの時代を経て、使い捨てレンズの時代になって、どの時代でも近くがみえにくいというニーズに対して、遠近両用レンズに各社共取り組んできました。

**

使い捨てレンズは、短期間で使い捨てるので、以前のような初期購入に対する導入コストは下がっています。 一方、レンズのデータを決定する為の検査は、遠くも見えて、尚かつ近くも楽に見たいというユーザーの期待に応えなければなりません。

近くがみえにくい、遠くも見たい、この期待に応えるには、かなりの光学的な知識が必要です。 今日の2WEEKメニコンの研修会の講師はメニコンの池内 淳さんです。

** **

中高年の方は、パソコン、ケータイ電話、新聞・雑誌、小文字の印刷物を見るのが、近くがみえにくいという苦痛な時があります。

通信機器はどんどん発達し、近くがみえにくい現象は避けて通れません。 一日の目の疲れは、想像以上です。 なにしろ、情報の80%以上は、目から入ってくるのです。 近くがみえにくいのも、当然です。 このような情報化時代には、近くがみえにくい症状に、近くが楽になるコンタクトレンズは、時代の要望なのです。

**

説明会が終わった後にも、池内さんは質問攻めにあいます。遠近両用のフィッティングは難しいので、池内さんにいろいろ質問してコツを教わります。

**

使い捨てレンズが、誤った使い方をされてる面もあります。 安心してコンタクトレンズと長い付き合いをする為には、眼科専門医で定期検査を受けることが必要です。

2011年9月4日(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です