知らなかった、知らなかった、ドイツに来るまで知らなかった事ばかりです。

知らなかった、知らなかった、ドイツに来るまで知らなかった事ばかりです。ドイツ旅行記(28)

知らなかった、知らなかった、ドイツに来るまで知らなかった事ばかりです。これまで、ドイツのお店、道路事情、食べ物、住んでいる家など、知らなかった事ばかりです。

ドイツに1週間滞在して、今日は日本へ帰る日です。

**

ヴィーナスホテルをチェックアウトして、U君のアパートで朝食を頂いています。

**

ドイツのボンを観光したり、ケルンへ行ったり、ライン川を下って、ベルギーへも観光しました。日本食が少しでも食べられるよう、色々なスーパーで食材を調達して、日本食の再現も試みました。

**

今朝の朝ご飯は、目玉焼き、味噌汁、茄子の煮浸し、浅漬けなどを頂いています。

**

このドイツ旅行で大成功だったのは、白菜の浅漬けが漬けられた事だと思います。まだまだ長いドイツ移住生活で、恋しい日本食をできるだけ簡単に食べられると、食のストレスは避けられると思います。

**

**

アパートでは、一部修繕工事が始まっていますが、とてもスローなペースです。

**

荷物をまとめて、Kちゃんと娘にお礼のメモを残します。

**

どんな生活をしているか、来てみて見ないと分からないことが、実際にボンに来て、アパートを見て、職場も見て、医局の先生方ともお会いして、買い物へ行く場所も行ってみて、日常生活の様子が分かりました。

**

季節は夏で、気候については問題はありませんでしたが、ボンは北海道の宗谷岬より北の方なので、秋が来ると寒くなり、冬が来ると雪景色になるので、これは経験していないことです。

**

フランクフルト空港に、送ってもらいました。

**

少し景色に馴染んで、何度か通った道は、見覚えがある道になってきました。しかし、短期滞在というものは、慣れた頃が終わりです。

**

ユーロが少し余りました。ユーロは変動相場で、買うときは1ユーロ120円くらいでしたが、その後、通貨不安が起きて、1ユーロは110円くらいまで値上がりしています。

**

帰り道でも、アウトバーンのカーブが少ないのに感心します。幅の広い、カーブの少ない高速道路は、130kmくらい出しても、不安定感が少ないです。

**

途中、給油のためにサービスエリアに寄ります。

**

何か変わったものはないか、お土産になるようなものはないか探してみます。

**

パンダの人形がありましたが、パンダではドイツのお土産にはならず、日本の人形もみかけましたが、これもお土産にはなりませんんでした。

**

4車線の高速道路が、上りと下りで並列しているので、道幅は広く、見通しもよく、さらに防風林も両脇にあって、アウトバーンの快適さを実感します。

**

**

フランクフルト空港に近づいてくると、もう話題は日本に帰ったら・・・と帰国後の話しに移っています。

**

留学が終了するのはまだ先ですが、秋には一時帰国があります。その時、U君は更におしゃべりができるようになっていると思います。

**

フランクフルト空港は、まるで巨大な船のような形をしています。

**

飛行場の施設内に入ってくると、駐車場に入って、搭乗手続きに移ります。

2011年7月14日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です