社長メッセージ・言葉(給与袋に添えて):「騰るか下るか市場の評価」(2011年8月号)

社長メッセージ・言葉(給与袋に添えて):「騰るか下るか市場の評価」(2011年8月号)

給料袋に添えて8月

騰るか 下るか 市場の評価投機筋の思惑により、金価格、石油価格、そしてアメリカ通貨であるドルの為替相場などで、騰るか、下るか、丁半博打の様に市場は沸いています。コンタクトレンズの市場ではどうでしょうか。我々の評価を決めるのは、投機筋の思惑ではありません。
市場のユーザー(顧客)です。そうすると評価基準となるのは何でしょうか。市況商品の様に、価格とか最安値が評価されるのでしょうか。
我々はそうとは思っていません。価格競争の行きつく処は、合理化とサービスの品質の低下ではないかと予想します。価格競争に陥ることなく、顧客満足に依る市場評価を得たいと願っています。

2011(平成23)年8月25日社長 松葉 博雄



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です