行ってみました:丹波篠山と言えば、篭坊温泉の牡丹鍋です。夏真っ盛りの7月に、牡丹鍋を頂きました。

行ってみました:篭坊渓山荘(かごのぼう けいざんそう)/丹波篠山 秘境鍋ツアー 篭坊温泉(3)

行ってみました、食べてみました、デジャヴにさいなまされながら、お昼ご飯に移ります。
丹波篠山 牡丹鍋

兵庫県の秘境 篭坊温泉では、川が流れているので、川魚の王様、天然鮎を期待していましたが、ハズレです。

丹波篠山 牡丹鍋

「うちでは、川魚は扱ってないもんで」と言われました。

丹波篠山 牡丹鍋

篭坊温泉「丹波ささ山篭の坊 渓山荘」の部屋で、名物のぼたん鍋を頂きます。

丹波篠山 牡丹鍋

猪の肉は、縄文時代から食べられていたとされ、日本各地で見られる料理です。

丹波篠山 牡丹鍋

肉と野菜を一緒に煮込んで食べます。味付けは、地方によって異なり、代表的なのは味噌や、醤油の味付けです。

丹波篠山 牡丹鍋

中でも、牡丹鍋の猪の肉は、東北地方を除いて日本各地に生息しているようですが、独特の地形と豊かな山の幸に育まれた丹波篠山産の猪の肉は古くよりNo.1の味を誇っていると言われています。

丹波篠山 牡丹鍋

猪が美味しく育つには、環境が大切です。

丹波篠山 牡丹鍋

山々は高いよりも、岩山や起伏に富んだ険しい形である方が、良質の猪は育つといわれています。

丹波篠山 牡丹鍋

雑木林や竹やぶを走る回ることでたくましく育ち、美味しい牡丹鍋の猪になるのだそうです。

丹波篠山 牡丹鍋

そして、猪が食べる山の幸も、篠山の山には丁度いいものが揃っているのです。

丹波篠山 牡丹鍋

篭坊温泉 渓山荘の猪鍋が、ようやくできあがりました。

丹波篠山 牡丹鍋

自家製の味噌にニンニクが混ざっていて、味噌は思っていたよりは薄味でした。