淡路島のびわ(枇杷)を売っていました。おいしいビワは淡路島にあります。

淡路島のびわ(枇杷)です。淡路島の買い物ツアー(1)

6月は雨のふる日が多い、梅雨の季節です。

昨日の曇り空と変わって、今日は少し暑いくらいの快晴になりました。

淡路島

奥さんと、今日はどこへ行こうかと相談した結果は、おいしいものを探しに、新鮮な果物や野菜、魚を探しに、買いものツアーにでかけます。

淡路島の淡路市富島へ行ってみることにしました。

おいしいもの淡路

車の窓から、青くすんだ空が見えます。

今日は、絶好のドライブ日和になりそうです。明石大橋を渡ると、淡路島に入ります。

おいしいもの淡路

淡路市の北淡町に進むと、淡路島の特産物を売っているお店や道の駅が見えてきます。

車をゆっくり走らせて、奥さんと何かいいものが置いてある所がないかを、探しながら運転します。

おいしいもの淡路

おいしいものを6月に、淡路島で探すとなると、季節のおいしいものは、びわ(枇杷)です。

淡路のびわは6月下旬が出荷の最盛期です。

ビワの直売所に寄ってみました。

おいしいもの淡路

ビワの直売所を訪れて、以前に感心したのは、秤の上にランダムにびわの実をのせると、秤からは声が聞こえ、「Lです。」「LLです。」「Sです。」「Mです。」と、びわのサイズの評価を機械が教えてくれます。

おいしいもの淡路

しかし、重さが中心で、甘さやおいしさまでは、機械は測定していません。

甘さや、美味しさは実際に食べてみないとわかりません。

おいしいもの淡路

最初に立ち寄ったびわの直売所は、テント屋さんが経営しているお店です。

お店の方はとても愛想が良くて、どんどん試食のびわを勧めてくれます。

こうなると、嬉しくなります。

勿論、いただくからには買うつもりです。

おいしいもの淡路

直売所のびわの実は、先ほど直ぐ近くのビワ畑から収穫してきたばかりです。

おいしいびわの食べ方は、収穫してから2、3日置くといいそうです。

おいしいもの淡路

収穫したばかりのびわは、酸味が強く甘さが酸味に負けています。

2,3日置けば、酸味がおとなしくなり甘さがつよくなっていきます。

びわの直販店では、2,3日置くことはなく、どんどん出荷してしまいます。

 

今日とれたばかりの新鮮なびわですが、味見をしてもらい、これはおいしいと思ってもらうには、今日とれたばかりのびわは、実のところ、試食品には向いていません。

おいしいもの淡路

周りを見ればびわ狩りの立て看板が続いて、登りの旗が風になびき、水田では田植えをしたあとの稲が、すくすくと育ち、山の斜面にはあじさいが、群生のように咲いています。

おいしいもの淡路

さて、次のおいしいものを探して淡路島を進んでいます。

淡路島の淡路市北淡町轟地区は、淡路びわの発祥の地です。

枇杷の実の味は、農家毎に違います。土地の地質、日の当たり方、肥料、風の強さなどで、味が変わります。

ビワの美味しい季節になりました。びわと言えば、淡路島の淡路市北淡町の轟地区です。

轟地区は淡路ビワの発祥の地です。

今日ははあいにくの曇り空です。

雨が降ると、びわの収穫作業は止まります。

予め調査して、ここの枇杷なら美味しいと、評判が良い枇杷農園に行きます。

ビワの木は、農業に適さない、植える物もないような急斜面地を活用して、ビワが栽培されるようになりました。

従って、ビワ農家は、山の斜面に畑を持っています。

びわの木からびわが収穫出来ると、今度は収穫したびわを売る為に、びわを車に積まなければなりません。

ですが、急斜面のびわ畑には車が入りません。

そこで、枇杷農家は道路に面した路面で販売所を設けるか、それとも通りすがりのお客ではない、固定客を作る努力をしています。

今日訪れた二軒の枇杷農家は、一軒目は路面店の販売所を持ったびわ農家です。

もう一軒は固定客をもって、通信販売とか、古くから馴染みの販売所へ卸売りをする方法をとった、びわです。

一軒目の路面店では、期待する味のビワはありませんでした。

ビワ農家の意見では、びわの味はびわ農家ごとに違っていて、自分の好きな味は、どこの枇杷農家の味か、探す必要があるそうです。

二軒目の枇杷農家に行きました。

山の斜面にある枇杷農家なので、車が通る道路から少し奥に入っていきます。

少し山に入ると、イノシシやタヌキが、夜になると枇杷の実を求めて山の奥から出てくるそうです。その為、枇杷畑の周りには、弱い電気の電流網を設置して、猪や狸が触れると、ビリっと感電するようになっています。

ケーキ用と書かれた札が置かれてる箱もありました。

神戸のアンリ・シャルパンティエが、いくらでもいいから出来るだけ沢山送って欲しいと言われているそうです。
B級品のびわを使ってシロップ漬けにするそうです。

枇杷は少しでも傷があるとB級品になります。

傷がない枇杷を、大きさ別に分けていきます。

しかし、大きいからと言って、必ず美味しい枇杷とは限りません。

今日の枇杷農家は、田﨑豊さんの枇杷園です。

6月初旬から始まるびわの収穫シーズンは、僅か2週間程度の短期間で、一年売上が決まります。

ケーキ屋さんに出荷する為の、B級品の枇杷は、外側に傷があるとか、ややこぶりの枇杷です。

選別外のびわが試供品になっています。

試食させてもらうと、味はそれぞればらつきのある味です。

田崎豊さんはこぶりの枇杷をトラックに積んで、集荷場に運んでいきます。

この枇杷は、観光バスに乗って淡路島に来る、団体客用の枇杷です。

団体客に小さな折り箱を作り、その折り箱に枇杷の実を箱詰めにして、お土産として渡すそうです。

宅配伝票が沢山ありました。ちらっと見ると、兵庫県からと、兵庫県外からと、沢山の注文が届いています。

収穫した枇杷をすぐに選別し、注文があった方に宅配して、販売しているようです。

6月の下旬になると、最後の追い込みで、とても忙しそうでした。