淡路島のびわ(枇杷)が売ってありました。おいしいものは、淡路島にあります。

淡路島のびわ(枇杷)が売ってありました。淡路島の買い物ツアー(1)

昨日の曇り空と変わって、今日は少し暑いくらいの快晴になりました。

淡路島

奥さんと、今日はどこへ行こうかと相談して、おいしいものを探しに、新鮮な果物や野菜、魚を探しに、買いものツアーにでかけます。淡路島の淡路市富島へ行ってみることにしました。

おいしいもの淡路

車の窓から、青くすんだ空が見えます。今日は、絶好のドライブ日和になりそうです。明石大橋を渡ると、淡路島に入ります。

おいしいもの淡路

だんだんとお店や道の駅が見えてくると、車をゆっくり走らせて、奥さんと何かいいものが置いてある所がないかを、探しながら運転します。

おいしいもの淡路

おいしいものを6月に、淡路で探すとなると、季節のおいしいものは、びわ(枇杷)です。淡路のびわは6月下旬が出荷の最盛期です。

おいしいもの淡路

以前にも感心したのは、秤の上にランダムにびわの実をのせると、秤からは声が聞こえ、「Lです。」「LLです。」「Sです。」「Mです。」と、びわのサイズの評価を機械が教えてくれます。

おいしいもの淡路

しかし、重さが中心で、甘さやおいしさまでは、機械は測定していません。

おいしいもの淡路

最初に立ち寄ったびわの直売所は、テント屋さんが経営しているお店です。とても愛想がよくどんどん試食のびわを勧めてくれます。

おいしいもの淡路

びわの実は、先ほど山から収穫してきたばかりです。おいしいびわの食べ方は、収穫してから2、3日置くことです。

おいしいもの淡路

収穫したばかりのびわは、酸味が強く甘さが酸味に負けています。2,3日置けば、酸味がおとなしくなり甘さがつよくなっていきます。

びわの直販店では、2,3日置くことはなく、どんどん出荷してしまいます。

おいしいもの淡路

今日とれたばかりの新鮮なびわですが、味見をしてもらい、これはおいしいと思ってもらうには、今日とれたばかりのびわは、実のところ、試食品には向いていません。

おいしいもの淡路

周りを見ればびわ狩りの立て看板が続いて、登りの旗が風になびき、水田では田植えをしたあとの稲が、すくすくと育ち、山の斜面にはあじさいが、群生のように咲いています。

おいしいもの淡路

さて、次のおいしいものを探して淡路島を進んでいます。

 

2010年6月25日(木)