社長の調査:社長の調査の対象は、ボシュロム・ジャパン社・井上隆久社長です。

社長の調査:社長の調査は、ボシュロム・ジャパン社・井上隆久社長に幾つかの質問に答えていただきました。

社長の調査です。社長の調査は、コンタクトレンズ業界に調査をします。調査の方法は、インタビュー形式での調査を行いました。ボシュロム・ジャパン社・井上隆久社長に幾つかの質問に答えて頂く機会を設けました。

ボシュロム・ジャパン社井上隆久社長

わざわざ東京から神戸のさんプラザコンタクトレンズに、インタビューのために来て頂きました。松葉博雄が大阪府立大学の北居明助教授と共同研究をしている、企業組織文化に対して、ご協力いただいているためです。

ボシュロム・ジャパン社井上隆久社長

詳しい内容につきましては、後日研究論文となりますので、割愛させて頂きます。

概要をご紹介すると、あらかじめ従業員の皆様にお尋ねしたアンケート調査に基づいて、調査の結果を井上隆久社長に提示しています。

ボシュロム・ジャパン社インタビュー

この中間報告書をもとに、従業員はどのような意識を持って仕事をしているか、あるいは、経営者はどのような意識を持って従業員に対して意思決定を行なっているか、といったことについて、インタビュー形式で、こちらの質問にお答えいただきます。

ボシュロム・ジャパン社井上隆久社長

これまで、経営学の研究のため、たくさんの経営責任者の方と経営についてのご意見をインタビュー形式でお尋ねしてきました。

大阪府立大学 北居明助教授

いずれの経営者の方も、多くの経営上の課題を背負い、部下には言えない悩みを胸に秘め、経営成果をあげるべく、日夜奮闘努力されていることが、松葉博雄には伝わってきました。

ボシュロム・ジャパン社井上隆久社長

お忙しいところ、貴重な時間を我々の研究にご協力していただき、本当にありがとうございました。

 

 

2006年2月3日



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です