金秀グループウォーカソンの受付を、ホテルでしていました。

金秀グループのウォーカソンは、新入社員研修行事として行われ、役員以上を対象とした、チャリティ基金造成のためにも行われています。第128回沖縄訪問(21)

沖縄の恩納村前兼久から、真栄田岬を見ると、外は快晴ではありませんが、晴れです。海も、静かなようで、レジャーボートも出ています。

**

今日は、第128回沖縄訪問も終わりの日で、これから、松葉博雄と奥さんは、沖縄から神戸に帰る支度です。いつもながら、帰り支度は大変です。

**

ホテルで、なんだか、見慣れない受付をしています。何をしているのか、尋ねてみると、沖縄での企業集団である「金秀グループ」では、新入社員の研修の為、新入社員と一緒に、役員の方も、長い距離のウォーキングをしているようです。

**

また金秀グループのウォーカソンは、新入社員研修行事として行われ、役員以上を対象とした、チャリティ基金造成のためにも行われています。

一緒にウォーカソン(強歩)をして、新入社員と役員の方は、顔を覚えたり、地縁・血縁を確認するのでしょうか?

**

沖縄では、どこかで繋がります。直接繋がらなくても、共通の知人・友人・親戚が居るはずです。そこから、新しい繋がりが生まれて来ます。そのために、時間を作り、一緒の行動をして、これからのビジネスパートナーを作って行きます。

**

荷物を片付けて、洗濯を片付けて、
そして、持って帰るものをきちっと整理して帰ります。

帰る前に、金城家へ挨拶に行き、お昼ご飯を頂きました。

帰りの便は、那覇発ANAの1時55分の便なので、それまでに空港で買い物をして帰ります。

**

あれやこれや時間に追われてせかせか忙しくなります。帰り道の便では、比較的晴れていたので、窓の外の離島が見えました。

**

久高島は、細長い島で、真ん中に白い線が延びています。

**

ここは、鳴門海峡です。ついこの間、桜を求めて淡路に行ったところ、残念ながら早すぎて、見えなかった場所です。

**

その時、丸山海釣り公園の島と、風力発電の風車が、空から見ると位置関係がはっきりしました。

**

夕方には神戸に着きました。これから、三宮にポートライナーで戻り、会社に寄って、少し仕事をして帰ります。

2011年4月14日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です