社長メッセージ:「誰れかが気にかけてくれる」(2005年5月号)

社長メッセージ・言葉(給与袋に添えて):「誰れかが気にかけてくれる」(2005年5月20日)

都会に住んでいる人は遠くの田舎に行くと、気持ちがほっとすることがあります。一方、地方で暮らしている人が大都会に行き、人の多さに触れて酔ってしまうことがあります。
この違いはどこからくるのでしょうか。多くの人の中で自分が存在を小さく感じることがあり、それが疎外感となってしまうのでしょうか。
誰かが私のことを気にしてくれているということは、とても気持ちが和らぐことにつながると思います。
職場であっても誰もが気にしなくなると、疎外感を感じてしまうのではないでしょうか。周りの人たちの気遣いが大切です。

 

 

給与袋に添えて[3月号]

誰れかが気にかけてくれる

2005年4月より通学の為に大阪へ通う様になり、神戸と大阪のリズムの差を感じる様になりました。大阪の中心地は人が多く、他人の事を構っていられない程、テンポも早く感じています。私達の職場に於いても、従業員の皆さんの人数が増えてくると、少人数で業務を行っていた時に比べると、周囲の人に対する関わりには温度差が出てくるかもしれません。

誰れかが私の事を気にかけてくれている、と言った雰囲気が有るのと無いのでは職場での体感温度に違いがあると思います。神戸の良さの様に、私達の職場の良さを創る為に、あなたの周りの人を気にかけて下さい。

2005(平成17)年5月20日

社長 松葉 博雄



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です