社長メッセージ:「人は負けた時が終わりではない、諦めた時が終わりなのだ」(2004年10月号)

社長メッセージ・言葉(給与袋に添えて):「人は負けた時が終わりではない、諦めた時が終わりなのだ」(2004年10月20日)

給与袋に添えて[9月号]

 

給与袋に添えて[3月号]

「人は負けた時が終わりではない、諦めた時が終わりなのだ」

昔「人は負けた時が終わりではない、諦めた時が終わりなのだ」と第37代アメリカ大統領であったニクソン氏は言いました。 ビジネスに於いても、競争企業との間に勝つことや、負ける事は何度も有ります。 本当に負けることは、ビジネスを諦める、職を辞める、競争を諦めることであるとニクソン元大統領は所見を述べています。やはり継続は力であると感じます。

2004(平成16)年10月20日

社長 松葉 博雄

2004年10月の給与袋に添えて書いた文章は、ニクソン元大統領の言葉を引用しました。

スポーツではいつも勝てるとは限りません。負ける時もあります。負けたからといって諦めてはいけません。ハルウララは負けても負けても走り続けることで全国の競馬ファンだけでなく沢山の方から支援をいただいています。

私たちもコンタクトレンズの仕事をもう30年以上も続けています。市場環境は大きく変わり、沢山の競争企業が私たちを取り巻いています。

企業活動の終わりはビジネスを諦めることになります。一つ一つの仕事には始まりから終わりがあります。企業だけでなく、一人一人の仕事においても諦めないで仕事をやり遂げるという意識が大切ではないかと思いました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です