ドラッカー語録『我々の事業は何か』 ー 企業の目的は利益の追求ではなく、顧客の創造であるという。

ドラッカー語録『我々の事業は何か』 では、企業の目的は利益の追求ではなく、顧客の創造であるとしています。

ドラッカー語録『我々の事業は何か』 では、企業の目的は利益の追求ではなく、顧客の創造であるとドラッカー氏は主張しています。

経営学を学ぶとき、その経営学の原論となるのは、ドラッカー選書である。ドラッカー著「現代の経営(上)」、ドラッカー著「現代の経営(下)」、ドラッカー著「創造する経営者」、ドラッカー著「エッセンシャル版マネジメント」である。

ドラッカー氏は、企業の目的は利益の追求ではなく、顧客の創造であるという。ドラッカー氏は、顧客を創造することで企業の存続が可能となる。企業はいったん生まれると、人の命のように出来るだけ存続しなければならない。

さらにドラッカー氏は、企業の存続を許すのは、顧客である。従って企業の目的は、顧客の創造にあるという。ドラッカー氏は、顧客の創造は、顧客が望むものを提供することで、それには顧客満足が原点である。顧客の創造は、マーケティングとイノベーションにより行われる。

ドラッカー氏の本を読んで、企業は利益の追求が目的ではない。ドラッカー氏は企業の目的は存続であり、存続を許すのは顧客であるから、顧客満足こそ企業の目的であるという。このようなドラッカー氏の幾冊かの著書を読み、多くのことを学ぶことができた。
2002年西表島にて撮影

企業と使命と目的を定義するとき、出発点は一つしかない。顧客である。
顧客を満足させることが、企業の使命であり目的である。したがって、我々の事業は何かとの問いは、企業を外部すなわち顧客と市場の観点から見て、初めて答えることができる。
……ドラッカー著『マネジメント』

P.F.ドラッカー『ドラッカー名言集~経営の哲学~いま何をすべきか』より抜粋

後日談:2005年11月11日に、ドラッカー先生が逝去されました。ここに謹んで哀悼の意を表します。

 

また、追悼記事も載せています。是非ご覧下さい。

ドラッカー先生の追悼:ドラッカー先生への敬意を表し、修士論文の一文を抜粋し掲示させて頂きました。(2005年11月12日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です