梅田大学院コンソーシアムでの講義「ベンチャービジネスとマーケティングの新時代」

梅田大学院コンソーシアムに講義に行ってきました。

師匠の小西一彦先生は、神戸商科大学及び兵庫県立大学を退官され、今は追手門学院大学に移られました。

小西先生が大阪に移ったということで、私たちも追手門学院大学との関わりが出来てきました。梅田大学院コンソーシアムは、大阪梅田の第二ビルにあり、大阪の各大学が連合して社会人大学院を形成しています。

ここでは、追手門学院大学のほかに、大阪教育大学、大阪市立大学などがすぐ近くの部屋で、それぞれ講義を行っているようです。

大阪教育大学の「調査とデータ分析の基礎から応用まで」というテーマは、私が今、府立大学の大学院で受けている講義の内容に、きっと近いと思います。社会人を対象とした講座で、講座は小西先生が開設されています。

今日の受講生はおよそ20名ほどで、お仕事が終わった後、熱心に受講されていました。この辺が大学生と違う点で、社会人の方が目的意識がはっきりしていて、講義の最中に私語や携帯電話のやり取りなどはありません。今日のタイトルは、「ベンチャービジネスとマーケティングの新時代」で、依頼された講義の内容は、このタイトルに沿った実践経営からくる戦略的マーケティングを体験的に話しました。

もちろん、パワーポイントの用意をして、レジュメも作成し、配布した上で内容を要領よく話していくことになります。

社会人の受講生は、実践経営の経験がある方ばかりなので、話の内容に協賛できることがあれば、うなずいたり、そうだそうだと目で応えてくれます。話す側からすれば、反応があるほど話が乗ってくるように思います。

9時以降になると、講義は終了し、その後、懇親会になりました。懇親会には小西先生のゼミ生の方が参加しておられました。今、兵庫県立大学の大学院生の小林さん、そしてOBの西口さんと久しぶりにビールを傾け、他愛のない会話に話は弾みました。

小西先生は上機嫌で、皆さんの話にうなずきながら、今夜も楽しいビール談義となりました。

2005年6月22日(水)