行列のできる店:行列のできる、盛況なお店の蕎麦屋さんに行ってきました。

行列のできる店:行列のできる、盛況なお店の蕎麦屋さんに行ってきました。丹波「一休庵」の蕎麦挽き機械蕎麦の美味しい食べ方は、「お節介・食べ方指南」があります。孫の初節句in丹波(2)

行列のできるお店と銘打っても良い程、盛況なお店「一休庵」に行ってきました。「一休庵」の庭と周りを散策した後は、お店の中で蕎麦を頂きます。初めてくるお店ですが、実は、去年、ここを訪れようとしていたことがありました。前回来た時は、残念ながら、たまたま定休日でした。

**

お店の入り口に、自動蕎麦粉挽き機が稼働していました。まず一番上の段に、蕎麦の実が配置され、石臼が自動的に電力で、反時計回りに回っていて、石臼で引かれた蕎麦の実は、パウダー状の粉になり、臼の周りに落ちて行きます。

**

石臼には刷毛がついていて、落ちてきたそば粉を、受け口に掃いていきます。そうすると粉は、下に待ち受けられている大きな鉢に落ちて行き、そば粉が溜まって来ます。

**

なるほどよくできた機械で、この先は、そば粉を蕎麦打ちする実演を見れば、その技術が見えるのですが、今日はもう終わったのか、実演はありませんでした。

一休庵は、つなぎを使わない十割蕎麦のお店です。

**

メニューには、色々な蕎麦の食べ方がありますが、松葉博雄は、皿蕎麦を頂きます。以前に、出石で食べた蕎麦は、食べ方にバラエティがありました。蕎麦の食べ方には、「お節介・食べ方指南」がありました。

**

あのときの麦の食べ方をもう一度と思い、期待していましたが、薬味・山芋・卵・わさびなどの、トッピングは、用意されていませんでした。

**

車の運転は、松葉博雄の息子がしてくれているので、松葉博雄はビールを頂く事ができます。

**

胡麻豆腐を注文してみました。予想したより、大きなサイズです。味も美味しかったです。

**

奥さんが頼んだのは、昼膳です。蕎麦、炊き込みご飯、お吸い物、酢の物、漬け物のセットです。

**

松葉博雄の奥さんは、松葉博雄の皿そばの意図が理解できなかったようで、皿そばを注文したのは、5つの食べ方を、味わいたかったからです。

**

お願いすると、そば湯が頂けました。お願いすると、出汁のおかわりも頂けました。

**

松葉博雄の奥さんとリッキー君のお母さんは、デザートに黒豆ぼた餅を頂いています。

**

リッキー君は、まだ蕎麦を頂くことができないので、ミルクを頂いています。

**

行列ができるような盛況で、お店には活気があります。注文を受けたり、お蕎麦を運んだりするのは、絣の着物を着た、臨時スタッフのようで、あまりゆとりのない接客のように見えました。

**

蕎麦打ちが始まったらいいのになぁと、食べながら思っていたのですが、十分に蕎麦は打っているのか、蕎麦打ちの実演には、出会えませんでした。電気仕掛けの蕎麦挽きなので、企業秘密は、そばつゆの味でしょうか?

2011年5月5日(木)