鮎飯作りました。阪急六甲の美味しい関係 : 天然鮎の塩焼き

鮎飯作りました。揖保川の鮎です。天然鮎の塩焼き

鮎飯作りました。揖保川の鮎をお向かいから頂きました。天然鮎の塩焼き

落ち鮎がお向かいのTさん宅から届きました。私の大好物です。この時期になると鮎は産卵に向かい卵を抱いた鮎となります。

今日いただいた鮎は既に塩焼きとなっていて、すぐにいただける状態です。すだちが添えていて、すだちを半分に切って鮎にかけていただきました。

天然鮎は苔を食べて育っているので、はらわたの部分が苦いですが、苔の味を含んだ自然の香りが口に広がり、大人の味を感じます。

先日いただいた鮎の甘露煮を使い、これから炊くご飯の上に乗せて鮎飯を作ってみました。昆布を添えてダシをとります。甘露煮の甘味がご飯に染み出て昆布と調和し、とっても美味しい鮎飯が即席で出来ました。

2004年9月25日(土)