2006年2月:松葉眼科・さんプラザコンタクトレンズ従業員の朝礼優秀賞

2006年2月の朝礼優秀賞は、さんプラザコンタクトレンズ従業員で、メガネスタッフのK君でした。


メガネスタッフのK君

『サービスの差別化と継続的な努力について』

家電メーカーのシャープが最近、過去最高の収益を記録するなど好調な業績が続いています。

他のメーカーは業績が伸び悩む中、シャープが好調な理由の一つに、液晶テレビの売上増大が挙げられます。他メーカーも数多く薄型テレビを出していますが、シャープの液晶テレビがトップのシェアを誇っているのは、長年のシャープの液晶に対するこだわりがあるからです。

まだ液晶の精度が低く実用化が難しかった十数年も昔から液晶の将来性を見出し、いち早くその開発と研究に力を注いできました。その結果、今日の好調な業績に繋がっていると言えます。

このことは2つのキーワードで表わせると思います。それは「差別化」と「継続的な努力」です。

他のメーカーでは真似できない“液晶”といえば“シャープ”と言われるよう、周囲との差別化をはかり、オンリーワン企業であったこと。そしてそれを実現するために長年地道な努力を重ねてきたこと。それが身を結び、ナンバーワン企業へと繋がったと考えます。

我社も周りを見ればライバル店がひしめき合っています。その中で勝ち抜く為にサービスの差別化を図り、お客様に満足していただけるよう、継続的に努力を重ね、地域一番であり続けられるよう心掛けます。