4月の料理:4月の料理と言えば、たけのこ料理です。

4月の料理といえば、たけのこを思い出します。4月の料理といえば、長岡京市のたけのこ料理です。

4月の料理といえば、春の季節です。春の季節と言えばたけのこです。関西でたけのこと言えば、長岡京市のたけのこです。知人から、京都長岡京市のたけのこが届きました。

**

たけのこは、収穫してから時間が経つほど、固くなってしまいます。なので、届いてすぐに下ごしらえをしておかなくては、せっかくの美味しいたけのこが台無しになってしまうのです。

**

4月の筍は、茎が白く、竹の皮に艶があり、触ると柔らかさが伝わってくる、上等なたけのこです。たけのこには、米ぬかが添えられています。

**

4月の料理です。松葉博雄の奥さんは、包丁を取り出して、指を切らないように注意しながら、たけのこの先端部分を、斜めに切ります。

**

次に、縦に包丁を入れて、たけのこの固い皮を剥いていきます。たけのこの実の部分まで切り込まないように注意が必要です。

**

この切り込みを入れて、クルリとひねれば皮がまとめて剥けるのです。

**

4月の料理のたけのこの皮は、芯に近い部分の皮は、お味噌汁に使います。

**

すぐに、アク抜きをするために、大急ぎで剥き終わったたけのこです。

**

先日のワラビと同様、大きな鍋で茹でて、アクを抜きます。

**

かさばっていたたけのこも、たけのこの皮を剥き、食べられるような部分だけになると、まるで、着ぶくれをしていた人が、痩せて見えるように、小さくなりました。

**

ガスの火が強くなり、4月の料理のたけのこを茹でる湯が、沸騰してくると、泡がぶくぶくと浮かび、鍋の周りには、はじめに撒いた、米ぬかが付着してきています。

**

お湯をつぎ足して、さらに茹でていくと、たけのこの身は、鍋の底に沈んできます。

**

4月の料理のアクの強いたけのこを、柔らかく、美味しく頂くためには、すぐに皮を剥いて、アクを抜き、熱を加え、早期の下ごしらえが大切なのです。4月の料理のたけのこは、アク抜きがめんどくさいと思って、翌日に置いておくと、味は、劣化していきます。

2011年4月27日(水)