思いつき 何とかなる:思いつきでも何とかなる!と思えば、思いつきでも何とかなるものです。晩ご飯は美味しくできあがりました。

思いつき 何とかなる:思いつきでも何とかなる!と思えば、思いつきでも何とかなるもので、松葉博雄と奥さんは、夜ご飯に石焼きビビンバを見よう見まねで料理し、とても美味しく頂きました。

思いつきでも何とかなる、と思えば、思いつきでも何とかなるものです。今日は思いつきで松葉博雄と奥さんは、晩ご飯の料理をしました。

主婦の負担で、悩んでいるのは、今晩の晩ご飯は、何にするかという問題です。学校の給食を作る栄養士の先生が考えるようには、主婦は、先の先まで計画的に、晩御飯を作るようにはなっていません。

そこで、旦那さんにも、「今晩は、何を食べたい?」と尋ねることになります。尋ねられると、選択肢があるのか気になりますが、そんなに選択肢があるわけではありません。それなら、あるものを使って、何かを作る、思いつき料理となります。

**

思いつき料理の、今晩のメニューは、先日の桜周遊日帰りツアーで、ナムルの詰め合わせを購入しています。それを使って、今夜の晩ご飯は、思いつき料理として、「松葉家風 石焼きビビンバ」を作ります。

**

一般にビビンバと言えば、器にご飯を入れて上にお肉やナムルを載せた、韓国の手軽な混ぜご飯のことです。日本のお味噌汁に、家庭の味があるように、韓国のビビンバにも、それぞれ家庭の味があるのかもしれません。

ビビンバの始まりは、大晦日に残った食べ物を新年まで持ち越さないようにとする、韓国の風習が元となり、残ったものを混ぜご飯にして食べた所から始まったと言われているようです。

**

料理人は、あるものを使って、スタッフのまかないを作ります。まかないで発生した料理といえば、例えば、「長崎ちゃんぽん」もそうです。

ビビンバ以外の食材は、「肉の文」ので購入したお肉を焼いて、先日作った数の子も美味しく浸かり、タケノコの煮物も一緒に頂きながら、ビールを飲んでいます。

**

ここで、焼き方にも、松葉博雄と奥さんでは、意見が分かれています。奥さんは、もうそろそろ、いいんじゃないか?と言っても、松葉博雄は、もっと焼いて、お焦げを作ろうと、野心的な創作をしようとしています。

**

でも、お焦げは、歯に挟まり、歯が欠けたりする心配があります。あまり、野心的なビビンバより、安全なビビンバにしようという、二つの意見が、ガスコンロの火加減を左右しています。ジュージューと美味しいビビンバが、できあがりました。

このビビンバの石碗は、神戸で探しても、当時は見つからず、九州の福岡で見つけ、神戸に送った思い出の石碗です。

**

食後のデザートには、枇杷を頂きました。四月の末の枇杷は、長崎産です。兵庫県の淡路産の枇杷と比べると、早生です。

きっと温室のビニールハウスで、石油の暖房に助けられながら、慈しんで育てられた枇杷だと思います。

**

この枇杷の種は、品種としては立派な枇杷だと思うので、食べた後は、枇杷の種を乾燥させて保存して、どこか適当な場所で、長崎県のびわを発芽させたいと思います。

2011年4月22日(金)