桜の名所:兵庫県の桜づつみ回廊は、丹波市氷上町絹山にあります。

兵庫県桜づつみ回廊を訪ねて… 北の桜はまだ満開かなぁ 兵庫県北部桜探索(1)

日帰りツアーです。神戸から、丹波市と篠山市までの日帰りツアーです。いつものように、ルートは、六甲山越えからです。

**

民主党政権になってから、高速道路は、やや料金が下げられ、舞鶴道などは無料の時もありました。

**

2011年の桜の開花状況は、例年と変わっています。30年40年前には、桜の満開は、4月10日前後でした。それが、年々早くなり、4月の上旬には、満開を迎えていました。

**

2011年には、春の冷え込みが厳しく、桜の開花は、30~40年前に戻ったようです。4月の10日を過ぎても、桜便りはまだ届いています。そして、4月20日を過ぎても、まだ桜は見られそうです。

**

そうなると、神戸から北の丹波篠山地区は、桜が咲くのが、やや遅いはずです。名残の桜を求めて、北に向かいます。目指す方向は、「兵庫県ふるさと桜づつみ回廊」で、さくら周遊ルートマップにあるのは、丹波地区です。最初にカーナビに設定した場所は、丹波市氷上町絹山の桜並木です。

**

高速道路は、氷上で降りて、その後は、カーナビに連れて行って貰います。初めての道なので、こんな道でいいのかなと、心配です。

何しろ、川堤に行くのですから、川がないと、堤はなく、それが、カーナビでは、山越えを案内しています。ここは、カーナビに任せて、カーナビを信じて進むしかありません。山越えをした後、菜の花畑がありました。遠くから見ると、黄金の絨毯のようです。

**

ありました。ありました。川堤がありました。確かに、一列に、蟻の行列のように、桜並木が、川の堤に沿って、何キロも向こうにずっと並んで、見えます。

**

**

山越えをする途中にも、山桜が何本も咲いていました。山桜は、人知れずひっそり咲いているのが美しいと言われています。

**

株式相場の格言に、「人の行く、裏に道あり、花の山」と、逆張りの教えを説いています。みんなと同じように買っては、みんなと同じように売っては、ダメだと言う教えです。

**

農産物無人販売所がありました。無農薬野菜だけを販売しているとの事です。虫食いなどもありますが有機野菜なので安心して食べられます、と説明書きに書かれています。

**

1品100円で販売と書いてありました。野菜を置いている時は、目印にのぼりを置いているようですが、今日はのぼりが無いので、農産物はありません。残念です。

**

ぐるっと回って、川堤の側まで来ることができました。入り口には、「兵庫観光百選」の標記があります。

**

しかし、来てみるともう、桜は散りかけです。何キロも続く、綺麗な桜並木期待していましたが、写真のような葉桜の前の桜でした。

松葉博雄と奥さんは、がっかりするだけではなく、これを今後の教訓とし、まず、カーナビにこの地区を記憶させ、手帳に書いて、2012年度の桜見物のスケジュールに書き入れておきました。

**

川沿いの道を車で走ってみます。確かに、兵庫観光百選に選ばれるだけの、魅力ある桜並木です。

**

車を降りて、丹念に桜を見て回ると、枝によっては、まだ可愛らしい桜のつぼみや、花びらが見つかりました。

**

さすが丹波地区で、猪を防ぐネットや、仕切り板があちらこちらに、設置されています。

**

小学校や中学校の、先生になった気持ちです。沢山いる生徒の中から、何か素晴らしい個性を見つけ出そうと思う気持ちで、生徒を見れば、きっと、生徒にも素晴らしい個性が見つかるはずです。

**

同じように、沢山並んだ桜でも、ひとつひとつを、どこが咲いていないか、どの枝に残っていないか、桜を見つける気持ちで枝を見れば、散り染めの枝からも、桜の花が見つかりました。

2011年4月21日(木)