追手門学院大学経営学部で、企業論の講義をしました。

追手門学院大学は、茨木市内にあります。追手門学院大学経営学部で、企業論の講義をしました。

追手門学院大学は、キャンパスの拡張が続いています。追手門学院大学経営学部で、企業論の講義をしました。

追手門学院大学は、茨木市にあります。JR茨木駅で降りると、スクールバスの発着するバス停に歩いて向かいます。

スクールバスのバス亭には、追手門学院大学だけでなく、梅花女子大学のスクールバスも並んでいます。

スクールバスに乗って、追手門学院大学まで、約20分くらいで着きます。

追手門学院大学は、財政が豊かなのか、新築・増築・拡張を続けています。後から校舎が増えてくると、校舎と校舎を繋ぐ通路は複雑になってきます。まるで、大きな旅館やホテルのように、本館・新館・新新館・別館のようです。

小西一彦先生の依頼で、兵庫県立大学で話した内容を、バージョンアップして、講義をします。

非常勤講師のお仕事は大変です。まず、パワーポイントを作り、パワーポイントに合わせて、レジュメの印刷を、印刷室で行います。

10枚20枚でなく、200枚か300枚のレジュメを、ページ数に揃えて印刷機が打ち出してくれます。レジュメだけでなく、出席の確認をとる、採点の目安となる、出欠表兼、講義のアンケートをつくります。

ひとつひとつに間違いないか、全体の枚数は足りているか、確認をして、大講義室に向います。

大講義室では、レジュメが出席する学生の全員に渡るように、配布していきます。

一番気を使うのは、退屈な講義をすると、学生の皆さんが私語を始める事です。下に顔を伏せて、寝てるのは静かでいいのですが、隣の席や、後ろの席と顔を向き合わせて、大きな声で喋り始めると、教室全体では騒音になってきます。

パワーポイントを使って話すときは、カーテンを閉めて、前席は薄暗くするので、学生には眠たい環境になってきます。

前の方に座る学生は、学習意欲を感じます。話しもしっかり聞いてくれています。後ろの席にいくほど、問題が出てきます。

その対策として、松葉博雄は、前の席から、段々と後ろの席に、階段状の席を移動していきます。移動している時に、時々、学生に質問を振ります。沢山の学生が、熱心に聞いてくれるような講義になればいいのですが、なかなかそうはいきません。

講義の後に、必ず質問の時間を入れます。出来るだけ世の中に出て、役に立つよう、考えた講義の内容なので、就職試験の面接にも使える内容です。

最後に、出席確認のアンケート用紙を回収します。アンケート用紙を前の席に持ってくるとき、熱心な学生は、なんらかの質問をしてきます。

全てのアンケート用紙を回収すると、次は、会社に持ち帰り、全部を読んで、評価点をつけるのが次の仕事になります。

 

企業論について、追手門学院で講義した内容の要旨です。

~要旨~

1.はじめに:企業の目的
2.企業理念
3.経営理念
4.企業マークの由来
5.利益の機能と目的
6.顧客は誰か
7.サービス・プロフィット・チェーンの概念
8.良循環経営
9.知行合一:学んだことを実践する

日時:2004年4月26日