東日本大震災被災地への復興支援として、松葉眼科から医療機器を寄付します。

阪神淡路大震災でえた教訓は、耐えてやり抜く強い意志と感謝の気持ちです。

この度の東日本大震災と大津波に被災された、多くの被災者と犠牲者の方に、お見舞いとお悔やみを申し上げます。皆様の生活から、1日も早く緊張や不安がなくなりますよう、心よりお祈りいたします。

**

阪神淡路大震災の時には、眼科機器のスリットランプが壊れて、診療に支障が出ていました。その時、日本眼科医会を通じて、スリットランプを貸与していただいたことがあります。

この阪神淡路大震災で支援していただいた感謝の気持ちを表せないかと、今度は、松葉眼科から、東日本大震災で罹災した眼科に、スリットランプをお返しすることはできないかと、考えました。

**

これをメニコン社へ相談しました。メニコンには仙台営業所があり、被災地の状況に詳しいと思い、スリットランプをお返しする仲介をお願いしました。そうすると、スリットランプが壊れて困っているという眼科があることが分かりました。

**

それは、石巻市の眼科です。情報では、診療ができるように復興が進んでいても、なかなか眼科の専門機器が手に入らないということでした。松葉眼科にあるスリットランプの中から一台選び、再度点検をし、メニコンさんの手で、石巻市の被災地に届けられました。

**

輸送用の梱包は、専門の会社へ委託されます。4月1日にキリン木材株式会社にて医療機器用の梱包をされ、西濃運輸を通して輸送後、4月5日にメニコンの仙台営業所に到着したという知らせと、その様子の写真を頂きました。

**

まだまだ余震も続き、食糧や物資不足で不安な日々を送られている被災者の皆様に、医療の面での物資不足を少しでも補って、適切な検査・治療を受けて頂ければと思っております。

**

少しずつ色々な状況が変わり、必要な支援にも変化があると考えています。

阪神淡路大震災で得た教訓は、復興には、長い期間が必要なことです。その間、じっと耐えて、なんとか復興をやり抜くという、強い意志が必要です。そして、周りへの感謝も必要でした。その感謝の気持ちを、東日本大震災の被災者の皆様へ伝えたいと思います。

東日本大震災の被災者の皆様へ、私たちができる支援活動を、今後も行っていきたいと思います。

2011年4月5日(火)