尾道土産には、尾道ラーメン、国産帆布、熊野化粧筆、桂馬の蒲鉾などがあります。

尾道で流行っている物は、「てっぱん」です。造船所の鉄板ではありません。広島県尾道の旅(9)

いわべえで尾道焼きを食べた後、中央商店街をさらに進みます。工房尾道帆布です。帆布とは、帆船の帆に使われた厚手の綿織物です。それを活用した布の工芸品を扱うお店です。

**

工房尾道帆布のお店に入ってみます。奥の方は、作業所になっています。積極的に売ろうという姿勢は、見られません。展示しているものを選んで、購入することになります。松葉博雄は、鞄をオーダーメイドでお願いしました。一週間くらいして、できるそうです。

**

本町センター街にあるのは、明治時代に建てられた銭湯「大和湯」です。残念ながら、現在はお風呂屋さんではありません。

**

尾道名物の尾道ラーメンを路面で販売していました。尾道では、何故尾道ラーメンが名物なのでしょうか?

**

調べてみると、1928年中国福建省から来日して、尾道市内の製麺所で住み込みで働いていた人が、瀬戸内の魚をベースに、醤油味を加え、作り始めたことが元と言われているようです。

**

その後、山陽新幹線尾道駅の誕生と、尾道三部作の人気などから、観光地となり、いくつかのラーメン屋が紹介されたのが発祥のようです。次第にラーメンは簡単に調理できる箱詰めのお土産物になり、種類も数も増え、尾道ラーメンとして有名になっていったようです。

**

中央商店街の方へ向かいます。尾道商業会議所記念館です。
この建物は、1923(大正12)年10月に尾道商業会議所創設30周年の記念事業として建設されたものを、当時のように復元改修し、平成18年より開館した建物だそうです。

**

この建物は、商業会議所として建築された鉄筋の建築物としては、現存する日本最古のもので、尾道市重要文化財に指定されているそうです。

**

歴史深い街なので、商店街にはいくつかの史料館のようなものや、展示があります。

**

お土産の購入予定は、桂馬のかまぼこです。桂馬は、かまぼこだけではなく、はんぺん、竹輪、じゃこ天などの練り物があります。

**

桂馬は、有限会社桂馬商店(村上博志社長)です。

大正2年(1913年)に創業しています。桂馬と言う名前は、創業者村上桂造さんの桂という字と、干支の馬を合わせたのだそうです。

**

松葉博雄は、子どもの頃から、桂馬の柿天を食べています。柿の形をした揚げかまぼこで、子どもの時には、ご飯と一緒に、長じて大人になると、ビールと一緒にいただいています。

**

特選の桂馬詰め合わせセットは、季節の詰め合わせセットで、3月の今は、桜で、値段は5500円でした。

**

庶民の食べるはんぺん、かまぼこ、竹輪、おつまみ天などが、だんだん高級食材に進化していき、化粧箱に収まり、贈答品にまで上り詰めています。

**

**

市役所の方に戻ると、JR尾道駅に近いせいか、店頭はお土産が並ぶ、お土産屋さんのストリートになっています。

**

並んでいるものは、やはりNHK連続テレビ小説「てっぱん」から、紹介された尾道の食べ物です。

**

尾道みやげは、国産帆布と、熊野化粧筆というお店もありました。松葉博雄は尾道帆布で、オーダーメイドの鞄を注文しているので、ちゃんとポイントをついています。

**

松葉博雄は、昔から、奥さんにNHK連続テレビ小説を見ないように指示しています。朝の8時の忙しいときに、のんびりと連続テレビ小説を見ていれば、家族はテレビに釘付けになり、会話がとまり、食事は止まり、忙しい朝の時間はだらだら過ぎてしまうからです。

**

従って、NHKの連続テレビ小説「てっぱん」は、見たことがないので、何のことか最初分かりませんでした。尾道は、造船所が多いので、造船所に使う鉄板かなと思っていました。それが、お好み焼きの鉄板とは、今日初めて知りました。

**

尾道の市役所は、商店街の近くにあり、市役所を訪れる人の為に、有料駐車場があって助かりました。市役所のすぐ前は、日立造船所のある向島で、川のような海峡になっています。

**

**

帰りも、松葉博雄の息子が運転をしてくれ、松葉博雄は助手席で、景色を見て過ごすことができました。

**

神戸につくとまた、晩ご飯の時間です。家の近くに、うどん屋さんがあり、松葉博雄は親子丼を頂きました。

**

リッキー君は、昨日今日と、ぐずり泣きもなく、大変よい子でした。和食も、お好み焼きも、桂馬の蒲鉾も、まだ頂けませんが、間もなく、お食い初めの時期を迎えます。少しずつ、美味しいものが待っています。

2011年3月4日(金)