ベラビスタ境ガ浜ホテル(現在:ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道)の朝「尾道温泉」の露天風呂

ベラビスタ境ガ浜ホテルの「尾道温泉」には、ヨットハーバーの見える露天風呂があります。広島県尾道の旅(5)

ベラビスタ境ガ浜ホテルでの朝です。瀬戸内海の朝日を浴びたホテルの窓からの景色も、とても美しく、すがすがしい目覚めとなりました。

**

同じ景色を、少し時間を変えて見ると、写る写真は、別の景色のように見えて来ます。

**

ベラビスタ境ガ浜ホテルの売り物は、温泉施設です。露天風呂からは、瀬戸内の景色が、一枚の絵の様に、ひとつの動画のように、展望台から見る景色のように、様々な、四季折々の、瀬戸内の景色を見せてくれます。

**

岩盤浴もあるようで、短時間に、温泉や、露天風呂や、岩盤浴をはしごするには、ややのぼせてしまいそうです。温泉の名前は「尾道温泉」で、説明書によれば水温は19度の源泉からでるお湯です。

**

マリーナには、立派な舟が並び、あの舟で沖に出て遊びたいなぁという願望が沸いてきます。瀬戸内の魚を釣るのもいいし、海の風にあたってクルージングもいいし、夏になればどこかの花火大会へ出かけてもいいです。

**

松葉博雄の息子は、大学生の時に、ヨット部でヨットに乗って、寒いときも、天候が少々荒いときも、ヨットの練習をしていました。

この穏やかな景色を見て、ここでヨットに乗れたらいいなぁと、一言言うと、買ってくれるん?と言われ、会話はとまります。

**

朝食は、ホテルのロビーの奥の、絨毯を敷いた日本間のテーブルで頂きます。

**

なるほど造船会社の接待用のリゾート施設から、ホテルが始まったことが頷けます。朝食で一緒になったお客様方には、ロシア語で会話をしているようなグループがいて、どうも、造船の仕事のように伝わって来ました。昨夜の食事の双忘でも、世界各地で運行している、船の話が聞こえてきました。

**

黒塗りの高級そうなお膳で、和食の朝ご飯がでてきました。焼き物、和え物、煮物、漬け物などのメニューです。

**

席に着いて、やや待たされたのは、黒ごまのお粥を熱するのに時間がかかったようですが、お椀に入っているお料理は、冷めていました。

**

黒ごまのお粥を、ロシア風の宿泊客が食べられるか、興味を持って見ていると、やはり大きな食パンを頂いていました。

**

黒ごまのお粥は珍しく、お粥は水分が多いので、一膳食べた所で大方水分なので、おかわりをしておかないと、この後お腹が空いてきます。

**

リゾートの朝に、一番ピッタリに合うのは、朝風呂と朝酒です。冷たいビールを飲みたいところ、ぐっと堪えて、ビールを控えました。

**

ホテルの客室の中にも風呂があり、風呂の壁は、ガラス張りで、これは、いつか見たハワイのリゾートホテル「カパルア・ベイ・ホテル」を思い出します。

ラグジュアリーな施設は、富裕層が集まる、世界のリゾート地のハワイに始まり、ゆっくりと世界に伝播していき、ここベラビスタ境ガ浜ホテルにも伝わっていることを感じます。

**

ホテルの部屋から、マリーナの横の方を見ると、丁度、船が走行中です。

**

この辺りは、かつては村上水軍が勢力をふるっていた場所です。

**

朝ご飯を食べて、ちょっと一息ついてからホテルをチェックアウトします。とてもキレイなホテルで、お料理も美味しく、サービスも気持ちの良いホテルでした。

**

また、こちらに立ち寄りたいと思うと、気がついたことをアンケートに答える方が、ホテルの改善に繋がります。アンケート用紙に意見を書いて、宿泊支配人の西川誠さんに直接渡し、一層ベラビスタ境ガ浜ホテルが、快適なリゾートホテルになるようにと、言葉を伝えました。

**

次の目的地へ向かいます。今日のお天気は上々です。これからしまなみ海道へ向かいます。

2011年3月4日(金)