ベラビスタ境ガ浜(現在:ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道)は、常石ホールディングス(神原勝成社長)が経営するリゾートホテルです。

リゾートホテルです。造船会社(常石造船)は土地、人、造船技術、海での遊び方などの経営資源で、リゾートホテル(ベラビスタ境ガ浜ホテル)のサービスを提供しています。広島県尾道の旅(3)

リゾートホテル 「リゾートホテル ベラビスタ境ガ浜」へやってきました。広島県尾道市にあります。尾道市になっていますが、糸崎地区です。糸崎は、古くは下駄などの履き物の街で、戦前及び戦争直後には、塩田の町でもありました。

**

後ろに山、前に瀬戸内海が広がる、モダンな装いのリゾートホテルです。

**

ベラビスタ境ガ浜ホテル(小林洋文社長)は、ツネイシホールディングス(神原勝成社長)の事業部のひとつである、サービス事業部門です。

**

造船会社が所有する土地、人、造船技術、海での遊び方などの経営資源は、他の競争企業のホテルに対して、差別化をする優位性を持っています。ロビーには、バースペースや、グランドピアノが置いてあります。

**

ベラビスタ境ガ浜リゾートホテルのすぐ前には、常石(ツネイシ)造船所があり、ヨットハーバーが築かれ、夏にはマリンスポーツが楽しめるように、遊覧船、レジャーボートなどが係留されています。これこそリゾートホテルです。

**

造船会社が、リゾートホテルでサービスを提供するとはよく考えたものです。元々は、造船所の重要顧客を接待する施設が、リゾートホテル運営に転じたようです。

**

常石造船は、世界の造船量ランキングで107万トンで18位、日本ランキングだと、今治造船グループ、ユニバーサル造船、三井造船、新来島どっくグループ、三菱重工業、大島造船所、名村造船所に次いで、8位です。

劣位となった日本の造船所、”日の丸造船業”の活路は、どうなるのか、各社とも模索中のようです。常石造船では、アジア各地で「100年続く造船所」を目指しています。フィリピン セブ島では、道路、病院、学校を建設し、食料品や雑貨などの店が建ち並ぶ市場まで作っています。

そうなると、世界各地から、本社のある尾道に、ビジネス客が来るのも当然です。ビジネス客がくれば、おもてなしの施設も必要です。

**

リゾートホテルの中には、スパ&エステ作願があります。

**

リッキー君は、これまでの所、人前では大泣きをしなく、良い子で通しています。

**

リゾートホテルの部屋からは、瀬戸内海の湾のようになった穏やかな海を一望できます。沖縄 屋我地島にかかるわるみ大橋からの景色にも似ています。

**

すぐ前にある小さい島が百島で、後ろにある大きな島が向島です。

**

なるほど絶景で、シーズンオフの平日だから、予約が取れたものの、シーズンになると、たとえ平日でも一杯で、ましてやシーズンの土日・祭日などは、かなりの予約状況のようです。

****

部屋のスペースは一部屋が広く、あまり沢山のお客様の受け入れを考えていないようです。

**

夕暮れの頃、しばし瀬戸内海に沈む夕日と、夕日が映える瀬戸の島々の光の移り変わりを、松葉博雄と奥さんは、堪能しています。

**

ヨットも、レジャーボートも、マリン施設自体も、不具合が出れば、すぐ側の常石(ツネイシ)ドッグで、修理修繕のサービスが受けられます。

参考文献:週刊ダイヤモンド 2011年1月15日号コラムより

2011年3月3日(木)