第二尚王朝を築いた、伊是名島の百姓 金丸は、伊是名島を出て30年後尚円王となります。

伊是名島の百姓金丸は、410年続く、第二尚王朝の開祖となりました。第127回沖縄訪問(21)

銘苅家住宅で、およそ100年前の沖縄の住宅を見た後は、伊是名ビーチにまた来ました。今日は、どんよりとしたお天気で、サンゴのリーフの砂浜は輝いていません。

**

ロケマップは、古い桟橋ナンバー5です。

**

伊是名ビーチには、松林が続き、林の緑地には今を盛りに菜の花が咲いています。まるでこの世の極楽のような、あの世の涅槃のような穏やかな風景なので、片山正喜さんは、松葉さんのあの時用の写真を撮ってあげると言って、松葉博雄のカメラで入滅を感じさせるような写真を撮ってくれました。

**

なるほど確かに、菜の花の絨毯の上に座り静かに黙想をしていると、穏やかな心落ち着く場所でした。

**

都会の喧噪はまったくありません。島の人の生活の音も聞こえません。音があると言えば音があり、音がないと言えば音がありません。禅問答で言う「無人の地に立木が倒れたとき、倒れた音は聞こえるか」と言う公案を思いだします。

**

伊是名ビーチの浜辺で、片山正喜さんと少し雑談です。2人とも気になっていることは、伊是名島から脱出した百姓の金丸は、その後どのようにして、琉球王朝を建てたのか?なぜ尚氏の名前に変わったのか?と言うことです。

**

片山正喜さんと、伊是名ビーチに散らばっている珊瑚のかけらを集めて、金丸が、仲間もお金もないのに、伊是名島から対岸の本島に渡って、どうやって上手くやって行ったのか、沖縄の地図を砂の上に書きながら考えています。

**

伊是名島から見れば、沖縄本島は大きな島です。沖縄本島の北の先端部分が辺戸岬です。

**

金丸は、信長型なのか、秀吉型なのか、それとも家康型なのか、政権を取るのはどのような出世物語があったのか、色々と想像してみました。浜辺で談義していると10時頃になり、また仲田港に自転車で戻ります。

**

昨日来たきれいな海を、ギタラ展望台でもう一度みます。昨日は、太陽が出ていて、砂浜が白く輝いていましたが、今日は、曇り空でどんよりとしています。

**

今回のギタラ展望台では、目の前に広がる珊瑚礁には、潮が満ちてきています。潮が満ちると、浅瀬が出ている光景とは、また違います。

**

そろそろお昼時になったので、昨日の経験に懲りて、ちゃんと店が開いている時間に、お昼ご飯を食べることにします。仲田港の中にあるお店でお昼ご飯を食べます。

** **

中江裕司監督の「真夏の夜の夢」というポスターがあります。主演は、柴本 幸さんと、蔵下 穂波さんです。

**

航空写真で見ると、伊是名島の手前には、屋那覇島があり、屋那覇島には、珊瑚礁が広がり、あの珊瑚礁で、夏にはシュノーケリングをしてみたいなと誘われます。

**

伊是名島と言えば、第二尚王朝を開いた尚円王の誕生の地です。ここはどうしても、尚円王の銅像を見ることにします。

**

伊是名島を外周する道路を、自転車で走っています。この道路は、トライアスロンの会場となる道路です。海の見えるいいコースです。

**

かわいそうなのは、伴走するリーです。片山正喜さんの自転車の後を、リーは一生懸命走って着いていっていますが、もうハアハアと言ってしんどそうです。

**

仲田港から、尚円王を祀る御庭公園の近くまでやってきました。

**

伊是名島の百姓であった金丸が、見事、位人臣を極め尚円王となっていく最初のスタートとなる、伊是名島を脱出する、沖縄本島を指さす、金丸の銅像を見つけました。

**

伊是名島の「百姓 金丸」は25歳の時この島を出て、55歳で琉球王朝を築いています。相当な世渡り上手なのか、周りの人を惹きつける魅力ある人だったのか、何か特殊な才能を持っていたのか、これから与並岳生著「新 琉球王統史」を元に、調べます。

**

第二尚王朝を開いたのは、島から出ておよそ30年後です。金丸は、伊是名島から出て、宜名真(ぎなま)ー奥間ー久志へと流れて行き、越来(ごえく)グスクで、尚 泰久に出会い、家来になります、

**

運が回るのは、尚 泰久が、その後、尚王に即位し、金丸は、王の側近として頭角を現していきます。この辺りは、仕えた人がよかったことになります。尚 泰久王が亡くなり、嫡子の金橋王子が即位するべきところ、側室の子、幼い八幡王子の尚徳が即位することになりました。

この背景にも、金丸が画策したと言われています。八幡王子の尚徳王が成人すると、25歳の尚徳王と51歳の金丸とは、考え方に違いがでて、やがて衝突するようになります。尚徳王が没し、幼い尚徳王の子どもを即位させようとしたとき、霊能者・予言者の安里が現れ、幼い王の即位を反対します。これも、霊能者・預言者の背後に金丸の画策があったのではないかと、記されています。

**

そして、金丸は、幼い王子に代わり、自らがクーデターを起こす形で、尚円王を名乗り、即位しました。これまでの尚王家と、血縁・血統関係がないので、ここから、金丸の作った尚王朝は、第二尚王朝と言われるゆえんとなっています。

このとき、金丸は55歳。伊是名島を出て30年後の事です。伊是名島から出て本島を制覇し、第二尚王朝を建てたとは、大したものです。第二尚王朝は、その後、1879年(明治12年)まで続きます。

出典:

与並岳生著「新 琉球王統史」(新星出版 2005年)

沖縄歴史教育研究会編 新城俊昭著 高等学校「琉球・沖縄史」(東洋企画 2001年)

沖縄歴史教育研究会編「琉球・沖縄の歴史と文化」(東洋企画 2010年)

2011年2月23日(水)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です