分かりにくい、分かりにくいといつも思います。分かりにくい事とは、和暦と洋歴の換算です。和暦で表記されると、洋歴換算は難しいことがあります。

分かりにくい、分かりにくいといつも思います。分かりにくい事とは、和暦と洋歴の換算です。 和暦の文久元年は、洋歴の何年だと思いますか?第126回沖縄訪問(13)

分かりにくい、分かりにくいといつも思います。分かりにくい事とは、和暦と洋歴の換算です。 平成元年は洋歴何年ですか? 1989年です。

洋暦で言えば、2010年、和暦で言えば平成22年です。 古いお墓を見て見ると、和暦で書いたお墓の、寛永、明暦、元禄、享保、文政、天保、慶応などで表記されていると、一体洋歴ではどのくらいなのか、年号の換算は大変です。 分かりにくいです。

沖縄恩納村

比較的近世の、明治、大正、昭和でさえ、洋歴では何年なのか、すぐに言える人は少ないのです。 分かりにくいのです。

今日のワルミ大橋は、平成22年12月に完成していますが、洋歴だと何年なのか、後世の人はすぐに言えるでしょうか? 多分分かりにくいです。

沖縄恩納村

海であっても、海峡が狭いと、まるで川のように見え、海か川か分かりにくいです。

沖縄恩納村

海峡であっても、穏やかな、透き通った透明度の高い水質であれば、川平湾のような光景です。 水がキレイです。

沖縄恩納村

さて、これから、ビールを買ってきて、さっき獲った岩牡蠣を焼いて食べる場所を探します。 炭火を用意しているので、火を焚く場所は慎重に選ばないといけません。

沖縄恩納村

あちらこちら浜を探していますが、最近は、浜に出る道をふさいでいる場所が多いので、なかなか車で浜にでることができません。

沖縄恩納村

今帰仁の今泊まり地区の方を、ぐるぐる廻っています。 方向がどちらか分かりにくい場所です。

沖縄恩納村

今泊まりの地区は、フクギ並木が残っていて、備瀬地区と、町並みがよく似ていています。  石垣を積み上げ、フクギをまとった家がソックリです。

沖縄恩納村

コンロを使える場所を探し歩いて、とうとう、海洋博の会場が見える港の場所に着きました。

沖縄恩納村

伊江島が向こうに見えます。 片山正喜さんは、風向きを選んで、場所を探しています。 風が強いと、炭火が着火しないからです。

沖縄恩納村

沖縄海洋博の水族館の、予備の水槽がある場所で、風がこない所が見つかりました。ここで、七輪に網をおいて、炭火で牡蠣を焼きます。

沖縄恩納村

片山正喜さんが、ガスバーナーで炭に火を付けてくれます。

沖縄恩納村

牡蠣はかなり小さな牡蠣なので、牡蛎と牡蛎の境目が分かりにくい牡蛎です。
ひとつひとつ味わうくらいで、お腹がふくれるほどの牡蠣ではありません。

沖縄恩納村

大きくても、空豆くらいでしょうか? とにかく小さな牡蠣です。 食べたと言うより、潮の香りを味わったと言う程度です。 それでも、かなり贅沢な、お茶で言うと、野点のような、粋な食べ方です。

沖縄恩納村

向こうの方には、水納島が見えて、水納島に太陽の木漏れ日があたっているように見えます。

2011年1月22日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です