こんな機会に、社員の皆さんとコミュニケーションをとり合います。 バス旅行のこんな機会に、親睦を深めます。

こんな機会に、社員の皆さんとコミュニケーションをとり合います。 バス旅行のこんな機会に、親睦を深めます。城崎の町を歩きます。 さんプラザコンタクトレンズ40周年記念 日帰りカニ旅行in城崎(5)

こんな機会に、社員の皆さんとコミュニケーションをとり合います。 バス旅行のこんな機会に、親睦を深めます。 こんな機会に、宴会場を出て雪の残った街を歩きます。

城崎を歩くことは、あまりありません。 こんな機会に城崎を歩いてみたくなる人もいます。

バスの中では、展望台にロープウェイで登ろうという意見もありましたが、たらふく食べて、ビールを飲んで、お風呂に入って、こんな機会に良い気持ちになると、展望台なんかどうでもいいことみたいになっています。

初志貫徹の人は、ぐうたらしないで、食事を終えると、こんな機会にさっさとJR城崎の駅周辺まで探索しています。

**

城崎の温泉街の情緒漂う景色に、雪景色、ところどころの屋根からは、雪が解けて落ちる光景が見られたりします。 こんな機会にこんな景色を見て歩くというのも、楽しみ方の1つです。

恋の逃避行をしてきた人は、夕暮れ時に、屋根から溶けて流れる雪雪崩の音にも驚いて、お互いが笑い合う姿が絵になるんですが、そんな人はいませんでした。

**

時間は限られているので、早足で見て歩きます。 近くにロープウェイがあるとのことで、こんな機会にロープウェイに乗ってみようと、散策にでていったグループもありました。

**

ここからは、雪見に出かけた特派員の話です。 報告では、近くのお寺に着くと、お寺の真ん中の道の横には、掻き揚げられた雪が積もっていました。

**

まだ、誰も足を踏み入れていないまっさらな雪もあり、神戸にいるとこんな大雪なんて珍しいので、こんな機会に手が冷たいのも忘れて、触ってしまったそうです。

**

そこで思い出すのが、りんりんが積もった雪に、りんりんの足跡を残して、喜んでいた時のことです。 歌にもあるように、犬は喜び庭駆け回り、ネコはこたつで丸くなるそうです。

**

随分昔の幼い頃の話ですが、六甲下駄を履いて雪道を歩くと、下駄の歯の間に雪が詰まり、だんだん歩きにくくなり、下駄の体をなさなくなり、やがて一本足の不格好な履き物になって、転けてしまったことを思い出します。

**

ホテルのロビーには、雪の中を歩き廻らなくても、ガラス越しに雪景色が見えるようにされています。 雪を割って流れて、やがて小さな池に流れていく、人の人生にたとえた生々流転の人生模様を水で表現しているようです。

**

松葉博雄は、もう少しカニがあっても食べられるかなぁといった、腹8分目か9分目くらいで、城崎を後にします。 15時半には、再びバスに乗り、帰路につきます。

** **

帰り道の途中には、こんな機会にお土産を買う場所に立ち寄ります。 お土産物屋さんにとってみれば、お店の駐車場に、どれだけ観光バスが停まるのか、これが売上の分かれ目になります。 そこで、どのようにすればバスが停まるのか、これがお土産屋さんの知恵の出しどころです。

**

こんな機会に一般的に考えられているのは、お店から、バスの運転手さんや旅行会社に向けたリベートが予想されます。 これは、あまり露骨にやると後で顰蹙(ひんしゅく)を買うので、最近では、表立った行動は見られません。

2011年2月3日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です