私も、私も論文を書かなければ、私も研究論文を発表しなければ、私も研究員なので。

私も、私も論文を書かなければ、私も研究論文を発表しなければ、私も研究員なので。

私も、私も論文を書かなければ、私も研究論文を発表しなければ、私も研究員なので。
研究発表を聞いていると、私も研究論文を書こうという気持ちになってきました。

松葉博雄が大阪市立大学大学院の客員研究員になってから、今日は2回目の研究活動です。 研究活動は、明石芳彦先生の主催する、明石ゼミに参加して、博士課程後期の、博士論文に向けて、書き進んでいる発表論文を聞かせてもらうことです。

**

阪急梅田駅に着くと、広いアリの巣のように広がった地下街を歩いて、またこうして大阪市立大学の梅田キャンパスに通ってくるのだなぁと、実感します。

**

梅田地下街の、メイン通りの人は、阪神・阪急の百貨店に近い地下街が、人通りが多く、百貨店から外れてくると、オフィス街に繋がり、夕方は帰宅する人とすれ違います。

**

大阪市立大学大学院の、創造都市研究科では、今日が、修士論文の最終受付日のようで、図書室には、コピーを使う人が、列を作っています。 私もここで、博士論文を提出しました。

**

事務室の受付には、必要項目が満たされているかチェックを受けて、さらにチェック待ちの人が並んでいます。 私も、細かいチェックを受けました。

**

論文提出がここまで来るのに、皆さん大変努力をして、苦しんで、悩んで、やっとまとめた完成論文を、大学に提出する日になっています。 私も提出した後は、肩の荷が軽くなりました。

**

論文の受付締切は、今夜の9時までとなっています。 それまで、仕事を終えて、大急ぎで、論文提出に向かって、地下街を走っている人もいるかもしれません。

**

今日の明石ゼミでは、D1の方が、日本の映画産業について、発表されています。東宝、松竹、東映といった、なじみのある映画会社の名前がでてくると、まるっきりご縁のない研究とは違い、聞いていて、新しい知識の吸収になりました。

**

ゼミの報告では、発表の当番はおよそ60分ほど発表すると、次の60分は、報告の内容に関して、講評があります。 その後、一緒に聞いているゼミ生にも、質問の機会が廻ってきます。 私も客員研究員なので、質問が許されます。

**

勉強になるのは、松葉博雄がD1の時に、どんな指摘を受けて、それがどのように博士論文に反映されて、論文が完成していったのか、改めて考えることができます。

**

どんな産業であっても、どんな企業でどんなに仕事に精通していても、持っている知識を披露するために、本を書くことと、アカデミックな研究論文として、査読論文や、博士論文を書き進めることは、作法が違うと言うことの指摘がありました。 私もたくさん指導を受けました。

博士論文を書くということは、大変なことだなぁと、改めて思い知りました。 明日、2月1日は、博士論文を提出した人の、公聴会があるようです。

公聴会はひとりずつ開かれるので、公聴会は2月いっぱい続くそうです。 博士論文提出者にとってみれば、気分がいよいよ高まる時期であったことを、私も思い出します。

2011年1月31日(月)