終わっても終っても、研究を続けます。大阪市立大学大学院の客員研究員に、松葉博雄はなりました。

終わっても、終っても、博士後期課程が終っても、博士論文が終っても、研究は続きます。大阪市立大学大学院の客員研究員として、また、明石芳彦先生のゼミに参加させてもらいます。

終わっても終っても、博士論文が終っても、研究は続きます。

大阪市立大学大学院の客員研究員に、松葉博雄は、2011年からなりました。それで、また、明石芳彦先生のゼミに参加させてもらいます。

**

博士論文を作成する時には、報告・発表が続いていましたが、博士号習得が終っても、これからまた、研究発表の機会が頂けそうです。

**

客員研究員になると、大阪市立大学の研究施設が使えるので、大学院生が終っても、参考書を借りるのにも便利ですし、情報も入ってきます。

**

例年、この1月になると、博士論文公聴会の発表者の氏名が、掲示板に張り出されます。 博士号習得のプロセスが終っても気になります。

**

今日のゼミは、博士論文公聴会に向けて、浅野さんのリハーサルになります。

**

昨年の今頃は、松葉博雄は博士論文の公聴会に向けて、何度も、何度も何度も、時間のペースをつかむまで、練習をして、よどみなく発表できるように、まるで舞台の台詞を覚えるつもりで、練習しました。 終っても終っても思い出します。

**

今日のリハーサルでは、時間を短縮するように、意見がでました。

**

発表者は、あれもこれも伝えたいという気持ちが募り、それが、時間を長くするようになってしまいます。 かといって、短く報告すると、分かり難いと、指摘され、ほどほどがどの辺か、何度も発表をやってみるしか、ありません。

2011年1月19日(水)