うどんが安い:丸亀製麺:丸亀製麺は今、とても人気がある釜揚げうどん屋さんです。

うどんが安い丸亀製麺といえば、今人気の釜揚げうどん屋さんです。丸亀製麺は、「株式会社トリドール」が運営しています。

うどんが安いという評判です。 うどんがや安いという評判を聞いて、丸亀製麺に行ってきました。 丸亀製麺は、釜揚げうどんのお店で、今人気があります。

厄除八幡宮に参拝した後は、お昼ご飯です。近くに、釜揚げうどん「丸亀製麺」を見つけたので、立ち寄ってみました。 丸亀製麺はうどんが安いという評判です。

丸亀製麺

丸亀製麺の親会社は「株式会社トリドール」(粟田貴也社長)です。 若者に人気の、焼き鳥屋とりどーるを始め、

長田本庄軒、丸醤屋、などを全国展開しています。 丸亀製麺の店内では、トレーを持って、うどんやトッピングを選んで会計をするシステムです。

丸亀製麺

うどんのセルフ方式は、本場讃岐のうどん屋さんと同じなのです。 うどんが安い要因に、セルフサービスがあります。

丸亀製麺

早速、メニューを見ながら列に並びます。 店内は、うどんを調理する従業員さんが元気よく活気づいています。

丸亀製麺

松葉博雄と奥さんが、選んだうどんは、とろ玉うどん(並)380円、かけうどん(並)280円、トッピングのきつね揚げ120円、エビ天130円、いなり一個100円です。

丸亀製麺

以前、四国の讃岐うどんを食べに行ったとき、うどんの収益性のよさに驚きました。 安くて、早くて、調理が簡単で、多店化チェーン店展開にピッタリだと、うどんのマーケティング分析を、したことを思い出します。(四国讃岐の山越うどん参照)

丸亀製麺

丸亀製麺を調べてみると、株式公開し、業績も順調で、やはり、うどんを中心に、店舗展開をしているのが、うどんが、安い、早い、メニューがシンプルという、これまでの外食産業に対し、ひとつのイノベーションを提起していると、思います。

丸亀製麺

調理場も、すべてオープンで、使っている材料や、働いている人の動きが、客席から見えます。 身近なさんプラザや、センタープラザにも、丸亀製麺と本庄軒が出店していて、よく流行っています。

うどんが安い理由は、見た目で分かりましたが、まだ、うどんが安い理由に、目に見えない隠れた仕組みもあります。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です